テーマ:障害児関連

良かった…

昨日は、私が企画したS石正久先生の講演会だったんです。 もう何年も前から、来ていただきたいと思っていた先生の講演。 ほんっとーーーーに、本当に本当に、良かったです。 以前聞いた時もそうだったけど、先生のお話は、聞いていて、涙が出てくる。 絶対出てくる。 どうしてなんだろう。 私以外にもそう感じた方が、やはり、何人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害受容とは、「点」ではない。

これは、今日、ある人と、「障害受容」について話していて思ったことだ。 よく、福祉関係者などは、「あのお母さんは障害受容ができていない」と言う風に、言葉を使うことが多いと思う。 しかし、この使い方は、本当は正しくない。(と、私は思う) というのは、たいていの場合、その使われ方は、 「自分の子に障害があることを認めていない」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進路を考えるお母さんへ

あなたは、今、来年度の、お子さんの、進路を考えようとしています。 その進路は、本当にお子さんのための、お子さんに合った、進路ですか? それとも、「あなたが行かせたい」進路ですか? そこを見極めてください。 お子さんのための進路とは、 お子さんが、一番、生き生きとできる進路です。 お子さんに合った教育を受けられ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「学ぶ」

「ああ、もっと勉強させてやりたい」 障害児を持つ、友人が言った。 彼女の子は知的に高いから、まあ当然と言えば当然なんだけど。 「やっと勉強する楽しさが、今になってわかってきたようなのに。 ここまでで勉強は終わりで、あとは養護学校高等部で、 実習ずくめになるのが、ほんとに惜しい」 まったく、同感です。 まあ、うちのナツの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋への手紙

とても御無沙汰しちゃっている、名古屋の、とある学校の先生から、お手紙とお知らせをいただきました。 N吉先生、届いていますよ!ありがとうございました! あれから、もう2年もたったのですね。本当に、信じられない気持ちです。 最初に、そちらに伺ったのが4年前。研究集会に参加させていただいたのでした。 ちょうど、障害者自立支援法が成…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんかすごいイラッとくる。

相変わらずイラッとくることが多い、ヤフーのコメント欄。 また今日も、ひときわイラッとさせられた。 この記事で。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090926-00000070-jij-pol 「全国の大学、短大、高等専門学校に2008年度に在籍した障害のある学生数が前年度比15.4%増の6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日あった嬉しかったこと。

ナツが、生まれて初めて、「栗ご飯」を、おかわりまでして、食べてくれたこと! すごいな~感動! まだ3歳くらいのとき、一生懸命作った栗ご飯を、一口も食べてくれなくて、めっちゃ腹立ったもんだわ…(遠い目) それ以来、炊き込みご飯を作っても食べてくれないのは当たり前、という日々を送ってきて、 家族みんなが炊き込みご飯食べていても、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

障害者自立支援法、廃止!!!

やったっっ…!!! NHK7時のトップニュースでこれをやったのを見て、思わずテレビの前で手を合わせた。 長妻さん…!!やるなぁ! いずれ、そういう話にはなるんだろうとは思ってたけど、 まさかこんなに、電光石火のごとく早いとは思わなかった。 衆院解散で、いったん出ていた障害者自立支援法改正案も廃案になったし、 またあらため…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナツ語録1

脱衣所に行ったら、ナツがお風呂場でなにかしているので、見ると。 一人でひっそりと、シャンプーのボトルに、買ってきたシャンプーを詰め替えていた。 私「なにしてるのかと思ったら…」 ナツ「シャンプーをつめかえてるんだよ」 ナツ「…中学生だから」 (ぷっ、と思ったが、こらえて) 私「そうね~、さすが中学生ねぇ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会資源についてのインタビュー(加筆修正あり)

この秋は、「これまでの子育てを振り返る強化週間」みたいだ。 あちこちから依頼が来る内容が、それに集中した。 今日は、学生さんの卒業研究に協力してやって、と大学の先生から依頼があり、ファミレスでインタビューを受けた。 インタビューは、電話によると「1時間ほどお話を伺いたいのですが…」 実際には、朝の10時に始まり、終わったら13時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分と同じ思いをさせないために。

行政や大学や、NPO法人、そして私たち親で、一緒に障害児の子育て環境について考える会議を定期的に持っている。 今日もその会議だったけれど、その場であらためて思ったこと… 私たちが、この会議に臨んでいるのは、自分たちの利益につながるからでは、無い。 100%無いとは言わないけど、ほぼ自分たちのためじゃ無い。 障害のある子で…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏祭り 出店準備中。

木・金・土と京都へ行くわけ。 木曜日にお友だちに会ったり、親の家で、新居にかける用に絵をゆずってもらったり、それなりに充実した二泊三日になりそうだけど(でも、会うたびに父が老けこんでいくのを見るのが、つらいんだけど…)。 土曜日に、京都からすっ飛んで帰って、午後~夜は、地域のお祭りに、ナツが利用している事業所の保護者会で出店します。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

気になる話。

東海地方にいる間、あちこちで、「探しています」の貼り紙を見ました。 小学校5年生の女の子が、先月24日に行方不明になって以来、見つかっていないというのです。 S村Mなみちゃんというお子さん。 身長が120センチ、体重が20キロとか書いてあって。 ずいぶん小柄だなぁ…と思ってよく見たら… …たぶん、ダウン症のお子さんではない…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キャンプ行ってきます

コメント返事できていなくてごめんなさい。 アウトルックは現在あきらめて、ウィンドウズライブメールをとりあえず使っていますが、アドレス帳入ってないので、なんとかしないと…(-_-;) マイクロソフトのホームページによると、「現在、アウトルックが開かなくなる事象が多数報告されています」だって、ふざけんな~ 昨日は、保護者と学校の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エキサイティングな出来事も。

気力が充実してこないワタクシですが、 やることはやっております。 先日のことですが、高機能自閉症の当事者の青年と、トークライブ(大袈裟かな。みんなの前で対話するの。)をやりまして、非常に好評でした。なにが好評って、もちろん、彼が、本当に本当に、素晴らしい!!からなんだけどね。 しかし新しい経験でしたよ。私にとっても。 これま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重要法案!?

M木局長逮捕の件では、マスコミは相当大騒ぎでしたね。 しかし、2005年10月に、障害者自立支援法が成立したことを、 いったいどれだけの国民が知っていたでしょう? おそらく1割にも満たないのでは? 今回の厚労省官僚の逮捕で、初めて、その法律の名前を聞いた人が多いのでは。 障害者にとって、2005年10月31日は悪夢の日の始…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

幸せなユウ。(ユウの運動会)

今日はユウくんの運動会でした。 ナツは退屈するだろうからと日中一時支援に預け、私とダンナで見てきました。 暑かったし、疲れました。 でもユウくんは、がんばってましたよ。 上の写真は、リレーでバトンパスを受けるところ。 中央の走ってる子じゃなく、右から二人目、振り返り気味に、いままさにバトンを受取ろうとしているのがユウです。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ボーイフレンド

忙しくてちょっとお疲れ気味です…ブログもなかなか、書けません。 いえ、普通の人なら、全然、バテない程度なんだと思いますが、私、体力なくて、疲れやすいので… ほんと、これで仕事までしてたら、絶対ムリだと思う。他の仕事しながら役員しているメンバーは、本当にエラい。 まあ、それはそれとして、表題の件です。 今日、学校帰りに、ナツが男の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ありがたや~

今日、ふと思った。 私は、いっつも忙しく役員の仕事をして、それなりに人の役には立っていると思う。 けれど、うちのオットにとってはどうなんだろうか。 なにせ、役員の仕事のせいで、しょっちゅう昼は外食だし。 うた三線という習い事もさせてもらってる。ときどき、飲みにも行かせてもらってる。 そういう費用はすべてオットのお給料か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事人チーム」はないものか?

あるお母さんが嘆いていた。 学校で、自分の子に適切な指導とか、配慮とか、支援とか、してもらえない。 どうも、この先生は、経験がないので、どうしていいかおわかりにならないようだ… 特別支援クラスを初めて担任するなら、そりゃそういうこともあるでしょう。 誰にでも「初めて」はある。どこかで「初めて」を経験しないと、人は育たない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の、クラスメートへのお手紙。

毎日、お茶の売上を数えて、注文してもらったお茶を配布して… という作業を何校もハシゴして繰り返しているだけなので、あまり書くことがありません。 …というか、ちょっと疲れているみたいで、肩こりもすごいし… 400人近い会員がいるのに、お茶の売上だけで活動している、私たちの会って、 ほんと偉い。(と、誰もほめてくれないから言って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

障害という言葉について考える

今は、1年間でこの時期だけ、会の活動資金を稼ぐために、お茶を売って歩く時期であり、 総会だ名簿だ、なんだかんだと、期初特有の雑務も目白押しで、ゆっくりするヒマはありません。 まさにオンシーズン!1年間の活動内容を考える時期でもあり、私にとっては、今年度、どこのどなたを、 講演会の講師として招くのかを考える時期でもあります。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

これが県民性?

岡山県の県民性 ・声をあげない ・じっとがまんする ・自分でなんとかしようとする …って、いつもお世話になっている先生が言われてました。 最近、ほんっとーにそのとおりだ!と、つくづく実感しています。 さらに言えるのは、 岡山県民は、人権意識が低い。 今日も、友だちと話していて、そういう話になり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「地域で自立した生活を実現する」ことに関する私的考察(てほどのもんでもない)

コメントへの返事が滞っており、すみません ところでこれは、 過日、私が書いたある文章からの抜粋です。 障害者が地域で自立した生活を送ることについて書いた文章です。 思うところあって、ここにも載せてみます。 「地域で自立した生活を実現する」ということは、必ずしも就労によって 為されるとは限らない。 たとえ重い障害があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は。

また 服を買っちゃったんだな 値段は 言えないんだな ナツの服も 買っちゃったん だな へ、兵隊さんの位で言うと 何番目くらいの 値段なのかな 定額給付金は 我が家に辿り着く前に ないも 同然なんだな? (以上 山下清風にお願いします) ちなみに、山下清は、やはり自閉症だったという話です。 なんでも「兵隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるだし。

ナツさんは、月末残り1日になると、家じゅうのカレンダーをめくります。 そもそも、年の初めに、あちこちからもらったカレンダーを全部、家じゅう所せましと飾るんですよ。彼女は。 そんなにあちこちにカレンダーいらんってば。狭い家やのに。 とにかく月末になると、家じゅうに貼られたカレンダーを、ひとつひとつ、めくってまわるわけです。 い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとつわかった気がする

障害者の人権が、いや、すべての人の人権が、 どのように踏みにじられていくのか、 その構図が、少しわかったような気がする それは、いいことをしているという外面を実に上手に作るひとたちと、 それに騙される愚か者(自分含む)とで、 言いたいことも言えないような、暗黙の力関係が構成されることによって 人権蹂躙の土壌が時間をかけて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そういえば

今日、ふと目にした週刊誌に、松野あけみさんの次男がダウン症だ、と書いてありました。 そうなんですね、全然知りませんでした。 松野さんは、ちょっとは顔を知られた自分が、障害児を生んでしまうなんて、人生に負けたと思った。 人に知られたくなくて、隠したんだそうです。 でも、育てていくうち(お子さんは合併症があって、手術も必要だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当事者青年との出会い。

この間、高機能自閉症の22才の青年と、仕事をご一緒しました。 彼、なんとも言えずかわいいところがあって…やっぱりなにかなぁ、 ナツと同じニオイがするというか? なんとも言えず、私は彼に好意を持ったのですが…母のような気持ちでね…とはいっても、私の息子としては、ちと大き過ぎですがね… その彼も、「POSHIさんの娘さんは、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

足元を見失ってはダメだという話。

昨日、ある大学の、有名な教授から、伺ったお話です。 いわゆる臨床家と言われるような方々とか、障害児についての研究を専門とする大学の先生や医者などで、最初は地元で実際に保護者や子どもと共に、親身になって熱心に活動していたかたが、いつのまにか自分勝手な理論で行動するようになり、自分自身のためにその活動をするようになり、名声に溺れ、その結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more