良かった…

昨日は、私が企画したS石正久先生の講演会だったんです。
もう何年も前から、来ていただきたいと思っていた先生の講演。
ほんっとーーーーに、本当に本当に、良かったです。

以前聞いた時もそうだったけど、先生のお話は、聞いていて、涙が出てくる。
絶対出てくる。
どうしてなんだろう。

私以外にもそう感じた方が、やはり、何人もいたみたいでした。
鼻をすする音でわかりました(笑)

あの優しい語り口で、これまで私が、私たちが、してきたこと、これからしようとしていることに対して、
「大丈夫」と背中を押してもらったような気持ちがして、本当に癒されました。


がんばってる人に対して、「がんばれ」と言うんじゃなく、「きっと大丈夫」と声をかける…

集団の中で育つことの大切さ

放課後保障の大切さ…

親以外の人と関わる機会を持つこと…

「受け入れる」のではなく「受けとめる」

「憧れ」こそが発達のエネルギー

「気付いた者」「自覚した者」だけが力を合わせてやっていくしかない…


ここに書ききれないけど、大事な、大切な言葉がいっぱい、ありました。

今は忙しくてゆっくり振り返る時間がないけれど、
ちょっと落ち着いたら改めてじっくり振り返りたいです。



1年のしめくくりが、S石先生の講演で、本当に良かった。
心がゆっくりほぐされるような、時間でした。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック