ウルトラ怪獣の作り方。

私は、年の離れた兄が2人いるので、
昔、家には「ウルトラ怪獣大百科」というのがありました。

結構、面白い本だったので…人にあげちゃったんだけど、取っておけば良かったなぁ。

ウルトラマンについても解説されていて、

「ウルトラマンは1キロ先で針が落ちた音も聞き分ける」

とか書いてあったなぁ(うろ覚えなんで、間違ってるかもしれません)

1キロ先の針の落ちる音まで聞こえるってことは、
相当不自由な生活でしょうな…
一日中、頭の中、騒音だらけですね。

ま、それはともかく、
すごく印象深いのは、
巻末のほうに載っていた「作り方」のページ。

ひとつは、「カネゴンの作り方」

カネゴン…わかります?
これですよ、これ。コイン怪獣。
画像

(画像は、ネットからお借りしました)

これを、作るって言うのは、
フィギュアを作る、とかいうレベルじゃなく、

手作りで着ぐるみを作る

という意味です…

ああ、昔の子どもたちは、なんて壮大な遊び方をしたんでしょうか。
着ぐるみのカネゴンを自作するんですよ!?
できるんですか???

でも、確か、詳細な作り方が書いてありましたよ…

ああ、惜しい!あげなきゃよかった、あの本!

そして、もうひとつ、もっと驚いたのは…
これです。

ヒトデ型怪獣 ペスター
画像

(画像はネットからお借りしました)

これの「作り方」が載っていたんですよ!!
たしか、ペスターだったと思います。この無理な体形…

これを作るなんて、どう考えても無茶だと思うんですが…

「シーツを二枚用意して…」
みたいなノリだったと思います。(うろ覚えなんで…)

子ども心にも、読んでいて、

「ええ?これで作るんですか?」

と思ってしまうような、無理な作成レシピだった記憶があります…

もちろん、ペスターの場合、着ぐるみに入るのも、2人がかりでしょうね。

だいたい、よりによって、なんでペスター?
もっと簡単な着ぐるみができそうな怪獣が他にもいるだろうに?

まったくすごいですね、昔の子どもは。
スケールがでかいです、遊び方の。


どなたか、「オレ、あの本の通りにカネゴン作ったわ」とか、
「ペスター作ったぜい!!」という方がいたら、ぜひ、教えてください…


製作所要時間は、どれくらいだったか…

そして、出来栄えも…



追記:
そういえば、「ピグモン」と「ガラモン」の違いって、なんですか?
私のイメージでは、「ピグモン」はいい奴。「ガラモン」は悪い奴…
外見はそっくりなんですが。

実のところ、ただ単に、着ぐるみを使いまわしただけらしいですね?























怪獣60 ペスター
バンダイ

ユーザレビュー:
日本的シュールレアリ ...
石油が大好物ウルトラ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

よーかい
2009年11月20日 02:55
この記事を見て、この「ウルトラ怪獣大百科」が欲しくなったのですが、何年くらいに発売の、どこの出版社から出ている本かはおわかりになりますか?

アマゾンで調べてみたら、どうも同じ名前でも新しい物(しかも、どう見ても違う内容)だったり、15巻くらいある「ウルトラ怪獣大百科」(1988年頃出版)があったり…と、どうも同じ題名で同じ内容のものはなさそうな感じなのです(TwT。)

でも、これいいなぁ。


いまの「総合的な学習の時間」で1年間かけて体験的な学習のための教材としても使えそうじゃないですか?( ̄∀ ̄*)イヒッ
2009年11月27日 22:51
>よーかいさん

これね、同じ名前で、何版も出てるんじゃないのかな。
うちのは、相当古いよ。
だって、たぶん、発行が1965~70年くらいのもんじゃないかと。

もう、古書の域のものなんで、探すのは難しいだろうなぁ。

でも、裏表紙は、はっきり覚えてるよ。
髪をとかしている女性隊員の後ろで、「ペガッサ星人」が襲いかかろうとしている写真。そして、表紙はうろ覚えなんだけれど、たぶん、ウルトラセブン対エレキング、だったような…
古本屋で探してみたら?(笑)
帰ってきたレオ
2018年11月17日 13:00
ナイトスクープでホントに作ったらしいですね…それも超巨大なザルを使って

この記事へのトラックバック