名古屋への手紙

とても御無沙汰しちゃっている、名古屋の、とある学校の先生から、お手紙とお知らせをいただきました。
N吉先生、届いていますよ!ありがとうございました!
あれから、もう2年もたったのですね。本当に、信じられない気持ちです。

最初に、そちらに伺ったのが4年前。研究集会に参加させていただいたのでした。
ちょうど、障害者自立支援法が成立したころだったかと。

その後、実際に施行される中、2年前。N吉先生から、ご招待をいただき、うかがいました。

そして今年。障害者自立支援法が消え去った今、当時を思い起こすと、なんだか隔世の感があります。

お手紙に、

「もう名古屋には帰ってこられないのですね…」

と書いてありました。

はい。そういう決断をしました。
1年前までは、夫に転勤の辞令が出たら、当然一緒に行こう、と思っていたことを考えると、
これまた、私事ながら、情勢の大きな変化に、我ながら驚くばかりです。

正直、この決断が正しいのかどうか、いまだにわかりません。
間違っているのかもしれません。

今年、夫のまわりの人がみんな異動して、その中の一人の方は、異動先が名古屋でした。
マンションを買うなんて言っていなければ、夫が名古屋に異動になっていたかもしれません。
(まあ、本当は、全然別部署なんで、関係無いでしょうが…)

もしそうだったら、今月中には、名古屋に引っ越すことになっていたのです!
お正月は、名古屋で迎えていたかもしれない!(いや、どうせいつも帰省してますけどね…)

4年前は、本気で、名古屋に逆単身してでも、M学園にわが子を入れたい…
と考えていたんですが…

結局、なんにもない、この場所に根を下ろすことにしてしまいました。

既にできあがったところを選んで住むことができるのが、転勤族の特権なのに。


もしかして、私、とってもバカなのかもしれません。
「思い切ったことをしたね…」
と、地元の人にまで言われる始末(*_*;


でもでも、ここには、なんにもないけど、仲間がいます。
名古屋に行っても、仲間はできたかもしれないけれど、
昔から、ナツの子どものころから知っていてくれる人がいるところを、やはり手放せませんでした。

そういう仲間は、特別だからです。
2年前に名古屋に伺ったときに、つくづく思いました。
ここには、ここの人たちの歴史があるんだ、と。

私たち親子は、後からそこに入ることはできません。

…というより、今、目の前にあるものを、しっかりつかむほうを選んだってことですね。



…こう言っていても、まだ、やっぱり確信は持てないんですが…



でも、とりあえず、先の目標もあります。

ここで、わが子の将来の幸せを臨むべく、新たにがんばっていくつもりです。

最近、障害児関連の話題が少なくて、つまらないかもしれません。ごめんなさい。

今年は、次への充電期間です。

また、新たなエネルギーが、自分の中で抑えようもなく湧いてくる日まで、
今は静かに、時を待とうと思います。

また、いつかお会いできることと思います。
皆さま、お元気で!















この記事へのコメント

名古屋より…
2009年10月13日 17:50
久しぶりに遊びに来させてもらったら…
あれ?これって私のこと???

 こちらこそすっかりご無沙汰しております。
突然のお手紙、さぞやビックリされたでしょうね。
そして月日が経つのは早いですね。

 でも、こちらにはちょくちょくこさせていただいているので
パワフルなPOSHIさんの近況はわかり、時に情報源として(地元民なのに
“西アサヒ”のサンドイッチや、新道にはケッタで行けるほど近いところ
に住んでいるのに、子どもにウケル“くじ引き”のこと知りませんで
した(^^ゞ)、ある時は教育への熱い思いに刺激されたりしております。

ここをのぞいていると「もしかして名古屋に住むチャンスがあったら
何か一緒にできるかなぁ」と思うこともありましたが、今の地で安住する
とのこと。

>ここで、わが子の将来の幸せを臨むべく、新たにがんばっていくつもりです。

是非、頑張ってください。こちらも最初は何もなく、POSHIさんと同じような
思いを持つ親たちが集まって作った場所です。もちろん苦労はあったと思いますが、思い続ければ願いは叶うのだと思います。
そして、場所は違っても同じ思いを持っているのですが、何かつながっている
ような気がしています。
これからもよろしくお願いします。

 
2009年10月28日 23:20
>N吉先生

亀レスすみません!!長いお返事をありがとうございました。
本当に、もし名古屋に戻ったら、N吉先生たちと、なにかできるのではないかと、私も思っておりました。でも、同じような活動している同士、どこかでまたお会いすることもあると思いますよ、本当に。狭い世界ですからね。
「思い続ければ願いはかなう」これも、本当にそう思います。私は、願いは実際、結構かなえてきました(小さいことですが)。これからも何とかなりそうな気がしますよ。大事なのは、願いを口に出すことですね。結構、協力者が名乗り出てくれたりしますからね。
ところで先生、あのへんにお住まいなんですか!西アサヒ、知らなかったですか。贔屓にしてあげてください。知る人ぞ知る名店ですから。あの近所の、「どて」の「五条」もお勧めですよ。その近くには、美味しいドイツパンの店もあったはずです。また行ってみてくださいね。

…にしても、先生。県外の人には、「ケッタ」って、わかんないですよ(笑)これ読んでる人のために解説すると、「ケッタ」とは「自転車」のことです。名古屋人しか使わない言葉です(笑)

この記事へのトラックバック