本審査通った~!!

実はここ2週間、心配ごとがありました。
それは、ローンの本審査が通るかどうかって言うこと。
借入が多すぎるとか、頭金が少なすぎるとか、過去にカードで延滞があるとか、
そういう意味での心配じゃなく、
団信!!団体信用生命保険の審査に通るかどうかっていうこと。
つまり、健康面です

住宅ローンを組んだことのあるかたはよくおわかりと思いますが、
団信とは、住宅ローンを組んだ本人が死亡した場合に、ローン支払いを
保険会社が肩代わりしてくれるものです。

いまどきの住宅ローンは、団信に通ることが必須条件な場合が多く、
うちがローンを組もうとした金融機関も、もちろんそうでした。

ローンの仮審査がすんで、我が家は、保証料も優遇されることが決まりました。
ご存じないかたのために書くと、
保証料とは、いまどきは連帯保証人をつけるかわりに、信用保証会社に、
保証人のかわりになってもらうものなんですが、なってもらうための代金が、
保証料というわけです。

信用度の高い人は、保証料が安くすみます。
反対に、貸し倒れリスクの高い人は、保証料が高くつきます。
うちの場合、金融機関の人が、
「一番安い保証料より、さらにもう一段安い保証料です!!これ以上できません!!」
と強調していました(*_*;(本当だかどうだかね~)

ふつうに考えれば、うちのダンナの場合、あまり貸したくないような年齢(50手前)かと思います。
が、頭金が多いことと(つまり借入額が少ない)、そして、属性(属性が一番いいのは、教師と公務員!
次が一部上場会社社員)と、勤続年数(これは文句ないはず~)と、
そこそこの年収(決して多いわけじゃないが…)が良かったようです。
「今が絶対、借りる最後のチャンスだと思う!」と主張した私の意見は、やはり当たっていたようです。

もうひとつ、「借りる最後のチャンス」だったのは、それだけではなく、健康面です。

ローンを借りる人は、先に言ったように、必ず団信に入らないといけない、
もとい、入れないといけませんが、健康面に問題があったら、入れないのです。

いくら、年収が良かろうが属性が良かろうが、健康面でハネられたら、そこで話は終わり
金融機関はお金を貸してくれません。

うちのダンナは、あの年齢にしては信じられないほど、きれいな健康診断書です。
どこも悪いところがありません。薬も飲んでません。手術したこともありません。血圧も正常。

なのに、どうして心配していたか?

保険に入るときって、いつでもそうですけど、「告知事項」がありますよね。
そこで、「最近1年以内で、健康診断のときに再検査の指示を受けたことがあるか」みたいな
項目があったんです。

そこで、○にせざるをえなかったんです…
なぜなら、今年の健康診断では、肝機能の数値が高くて、要再検査ってなってたから。

要再検査っていっても、数値のオーバーは、そんなに大きなものじゃないし、
正直に書かなきゃダメだよ!!と私は主張して、○させたんですけど、
そのあとから逆に不安になってきました。

告知事項に○があっても、大丈夫なのか…???


ちなみに、「うつ」や「糖尿」では通らないと聞いたことがあります。
がんの既往歴がある、とかは、まったくダメです。

ちっ…なんで今年、検査前にうるさく言って、アルコールを断たせなかったんだろ!
1か月も断酒すれば、数値は正常になるのは目に見えてるのに…
そうしたら余計な心配をしなくてすんだのに…
去年は、「平日禁酒」を実行してたから、きれいな数値だったのになぁ。

と、やきもきしてたんですが、
正直、これくらいの数値で団信通らないんだったら、
世の中のメタボ中年は全員ローンが組めないことになります…だから、取り越し苦労だろうなぁ、とはわかってたんですが、
それでも結果を聞くまでは、やっぱり心配なものなのです…

そうやって、私がやきもきしていたら、ダンナが、自主的に再検査を受けに行ってきました。
ははは。

その結果、やっぱ問題無くって、もちろん入院とか治療とか投薬とかも必要なく、ただ「痩せてください」って(-_-;)

なーんだ、良かった~と言っていたら、今日、金融機関から、本審査通ったとの連絡が。

結局のところ、再検査の結果を見ずとも、通っていたらしいです。
その程度の数値なら、再検査を受けていなくても通る、そういうことらしいです。

なーんだ。やっぱ取り越し苦労だった…


これで、お金が借りられることがハッキリしたし、安心して、準備をすすめられます☆

ちなみに、告知事項に、正直に書かない人もいると思います。
「これくらいなら…」と書かない、という人もいると思いますが、私はそれはできませんでした。
もし、虚偽の申告をして、たとえば3年以内に肝硬変で死亡したなんてことになった場合、
団信加入時に虚偽の申告があったことがバレでもしたら、保険はおりず、
ローンはチャラになりません。

せっかくローン金利を上乗せしてまで保険をかけたことが、まるっきり無駄になり、ローンが残ってしまうのです

やはり、正直が一番、と思いますね。(心配したけどね!今だから言えるのかも。)

それと、三大疾病をつけることの要・不要ですが、
三大疾病をつけてローンを組む人は、全体の5%くらいらしいです。
ほとんどの人は、金利が上乗せされるのがイヤで、つけないらしいです。

他の保険にしっかり入っていて、仮に三大疾病になって長期治療が必要になり、
働けなくなっても、カバーできる、というならそれでいいと思いますが、
我が家の場合は、保険はかなり私が整理したので、必要最低限しか入っていません
だから、我が家の場合は、三大疾病付きの選択はありかな、と思いました。

以上、これからローンを組む可能性のある方の、ご参考までに…


さーて。今のマンションの家賃よりも、ローンの支払額のほうが多くなるので(ボーナス払いにしてないから)、生活の無駄を見つけて、整理する作業をしなきゃ、です。

既にいくつか、これまで惰性で契約していたようなものを、切りました。
チリツモで、小さい金額が大きくなりますからね。
今日は、9月いっぱいで生協の宅配をやめる手配をしました。
これこそ惰性で…今の私は、火曜日にまとめ買いするのが習慣になっているので、
生協の宅配はいらないんです。

引っ越しで荷物を整理して身軽になるだけでなく、生活も整理して身軽にならねばね!
私は専業主婦なので、それくらいはしっかりやらねばと思います。

そして来月のフリマの準備もすすめよう!






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック