住宅ローン(@_@;)

住宅ローンをAとB、二か所で事前審査申込しまして…
既に1行は、デベロッパーの希望で、3月に事前審査受けており、通ってるんですけど。
実際にローンをどこで組むかは自分たちで決めることなので、
比較検討の結果、まあ、この2つかな、というところで事前審査してみることにしたわけです。
1行からは、今日、通知があり、問題なく通りました、とのこと。
まあ、通るだろう、とは思ってましたけどね。頭金多いしね。属性も悪くないし。

うちのダンナさんは、年の割には健康状態にも問題なくて、ほんと良かった。
もしこれで持病でもあったら、三大疾病特約付き団信はハネられるでしょうからね。

大病もせず、いたって健康なので、たぶん三大疾病なんてつけなくても完済まで、大丈夫な気がする…
と私は思ってたんですけれど、本人が、つけたやつにする、と言うので、金利上乗せがあるけれど、
三大疾病特約つきにすることになりそうです。

住宅ローンを組んでいる人は、よくご存じでしょうが、知らない人のために説明すると、
「三大疾病特約」とは、「がん、心筋梗塞、脳梗塞」(だったかな)と診断された場合に、残りのローンがチャラになる、という仕組みの団体信用生命保険(団信)です。

そもそも、住宅ローンを組むとき、自動的に、基本的な団信には加入する形になります。
銀行が、その費用を持ちます、という言い方をするのですが、
実は既にその保険料ぶんが金利に上乗せされてるわけです。
(これにより、銀行は貸し倒れリスクを防いでいるってわけですね)

よく、死亡すると住宅ローンがなくなる、というのは、この団信による肩代わりのことを指すわけですね。

その基本的な団信以外に、「がん特約」「三大疾病特約」などをつける場合がある。
要するに死んでなくても、対象の病気にかかったら、残りのローンを払わなくてよくなる。

うちのダンナさんが、金利上乗せされてでも、これをつける、と判断したのは、
万が一の時に残された家族のことを考えてのことだと思うので、ありがたいと思います。

万が一の時が来なかったら、上乗せ金利分損じゃん、ってことになるけれど、万が一が来るか来ないかは誰にもわからないしね。

住宅ローンのことって、いざ自分が向き合うことになるまでは、ちーっともわからなかったけど、なるほど、こういう仕組みだったんか~、と急速にわかってきました。

今は、予定よりもさらに100万、頭金を入れることになった(ダンナの意思により)ので、私の腹の中の皮算用が狂って、ちょっと焦っております…(@_@;)どないしよ…


まだカーテンも買わないといけないのに…ガスコンロだっているしさー。
いいガスコンロが欲しいんだよな~温度調節とかできるやつ。

そうそう、今どきにしては珍しく、うちが入居するマンションのキッチンは、IHがデフォルトじゃないんですよ。
自分で選択すればオプションでIHにすることはできるけれど、
でも、火の怖さ・扱いを子どもには教えて育てたいので、ガスのままでいくことにしました。

掃除が楽なガラストップにしたーい(^-^)

あ、あと、まだベッドを3人分買わないといけないし(;一_一)これが結構、大きいぞ、きっと…金額的に…
それと、照明!! 照明器具だって買わないと無いじゃないの!!
手持ちのを3つは持っていくけど、足りんし。4LDKなんだから。

それとそれと、引っ越し代がいるじゃないか!
これも、できるだけ安くあげたいなぁ…


あーあ、頭イテ。
頭金もう少し入れようかって提案したのは私だけど、それは、
手持ちの株を売って、お金をもう少し作ろうかって意味だったのにぃ。
それはせずにあと100万入れるってぇ。無理がある~(/_;)ヒーン


この秋に近くにできる、「ニ●リ」に期待しましょう!!
でもベッド購入は危険か?
確か、「ニ●リ」の2段ベッドの上の段の「底が抜けて」落ちて、
男性が圧迫骨折、とかいうニュースが、ちょっと前に出てましたよね。くわばらくわばら。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック