重要法案!?

M木局長逮捕の件では、マスコミは相当大騒ぎでしたね。
しかし、2005年10月に、障害者自立支援法が成立したことを、
いったいどれだけの国民が知っていたでしょう?
おそらく1割にも満たないのでは?
今回の厚労省官僚の逮捕で、初めて、その法律の名前を聞いた人が多いのでは。

障害者にとって、2005年10月31日は悪夢の日の始まりだったわけですが、
一般の人は、そんなことはまったく関係なく、知らずに生活しています。
この法律ができてから、いったい何人の障害者が自殺したことでしょうか?
どれだけの障害者が、人としての最低限度の生活も送れないようになったのでしょうか?

テレビニュースで「2005年秋に重要な法案が通ったわけですが、それが、障害者自立支援法です」と説明されていましたね。

「重要な法案」というけれど、みんな全然、そんなこと知らなかったですよね。
郵政民営化のことは知っていても、障害者自立支援法については、なんのことやらサッパリ、だったと思います。

それくらい、この話は、当時、本当にニュースに取り上げられなかった。
こんな問題が起きて初めて、ここまで取り上げられるなんて、皮肉としか言いようがない話です。

成立するときに、もっと世間に注目して欲しかった。
あのとき、障害者団体が全国で反対の声をあげ、抗議のデモ行動を行ったというのに。

年金以外にほとんど収入のない障害者に対し、
医療・福祉サービスを受ける際に1割の自己負担を課したこの法律。

「支払能力に応じた負担の仕方から、受けたサービスに応じた負担の仕方へ」という
応能負担から応益負担へ」の大転換は、成立前から散々、
関係各方面から反対を受けていました。

私もこのブログで書いた記憶がありますが、一番問題なのは、
障害のある人が生きていくために、どうしてもはずせない、絶対必要な福祉サービスを受けることを、
「益」と位置付けた、ということです。

サービスを利用して、利益をこうむってるんだから、
サービスを受けるご本人も、少しばかり負担していただくのは当然でしょうよ、ということです。
タダで使うなんて厚かましいよ、と。

利益をこうむってるんじゃない、それがなければ生きていけない。
または、人間らしい生活が送れない。そういうことなのに。

障害のある方も働けば、サービス料の負担も払えるでしょう、だからどうぞ働いてください、
就労するのに支援しますよ、と言うのですが…

そんな簡単に働けるなら、とっくの昔に働いています。
今の日本の社会は、まだそのような環境は整っていない。

ていうか、多くの障害者が働けるような環境になってから、負担を課すなら課すべきでは。
まだ働ける環境にもなってないうちに、先に負担を課すなんて、おかしいでしょう。

補助金の上にあぐらをかくような姿勢でいて、就労できる人も就労させる気がなかった施設に、本気を出させる、という意味では、多少役に立ったかもしれない。規制緩和がされたりと、マイナス面ばかりではないことは、否定しませんが、障害のある人の生活を、とてつもなく厳しく追い詰めた法律であることは、間違いないと思います。


しかし、因果応報。天網恢恢(てんもうかいかい) 疎(そ)にして漏らさず。
自立支援法成立に奔走し、強引に推し進めた結果が、今回の逮捕劇です。

しかし、どうもまだ明確になっていない部分がありますね。
国会議員がからんでいるらしい…誰が?わかっているみたいなのに、報道しないですね。
逮捕された官僚の元上司ってのも、顔も名前も出てこない。なんで?

すべてはっきりさせて、逮捕すべき人間は全部逮捕して欲しいものです。
燦燦と日のあたるエリート街道をばく進してきた人には、弱者の生活なんて、想像もつかないことだったでしょうが、人生の裏道街道はどんな味がするものなのか、この際しっかり味わったらいいんじゃないでしょうか。





この記事へのコメント

Buzy
2009年06月21日 09:49
この事件私も注目しています。支援費があっという間に財源が破綻し、それに代わって障害者の恒久的な支援のために法律に定めたはずなのに財源を当事者に求めるなんて。幸い島はとーっても遅れていて、私の勤め先も村から委託を受けて、老人ホームの社会福祉法人が法外施設で運営しているので、利用者さんが訓練費を負担することなくホームの洗濯をし、手当が支給されています。内地の厳しいの厳しい現状を考えると制度に移行しない方がいいですね。ただ財政の脆弱な小さな村ですから、都の補助を受けなければ運営は難しいし、(続きます)
Buzy
2009年06月21日 10:14
そのための法律にそった施設の移行が必要なんて。でも既製品には地方の自治体にはマッチしないんですよね。話がそれましたが、M木局長が自分のキャリアのために法案成立を急いだのか、支援費の破綻でやっと始まった障害者の自立支援を途絶えさせないためにやったことなのか、それにしても払われた犠牲はあまりに大きいですが。問題は法律を利用して利益を得たり、利権で繋がる議員がいることです。POSHIさんが言うみたいにもっと政治に関心を持たないと、社会福祉や教育に回すべき税金がどんどん消えてしまいますね。
2009年07月14日 21:59
>Buzyさん
超~亀レス、大変失礼いたしました。
島はまだ「魔の手」からのがれているのですね!それはとてもいいことです…
私がブログを休んでいる間に、この事件は、すっかりウヤムヤですね。結局、なんだったんだろう。どうなってるんだろう、M木は…(-_-;)いっつもこんな感じですよね。肝心なところは覆い隠されてしまう…

この記事へのトラックバック