ありがたや~

今日、ふと思った。
私は、いっつも忙しく役員の仕事をして、それなりに人の役には立っていると思う。
けれど、うちのオットにとってはどうなんだろうか。

なにせ、役員の仕事のせいで、しょっちゅう昼は外食だし。
うた三線という習い事もさせてもらってる。ときどき、飲みにも行かせてもらってる。

そういう費用はすべてオットのお給料から出ているわけだが、私自身は、働いてない。
要するに、オットにとって、私は役に立つ女房とは言えないだろうなぁ。金銭的には世話になりっぱなしだもの。
周りの友だちは働いている人がほとんどなので、なんか私だけナマケモノ?って感じがしないでもない。

正直に言うと、私が働かなくても、オットが仕事がんばってくれているおかげで、今までのところは、大きな贅沢をしなければ、食べていけるし、身近に親も親戚もいない状況では、仮に私が仕事のときに子どもが病気しても預けることもできないし、自分自身が疲れすぎてぶっ倒れても誰も助けてくれないから、自分を追い込む状況を作りたくないというのもあって、これまでまったく働く気はなかったんだけど…

再来年くらいになったら、なんか働こうかな?
と、ふと思いました。子どもたちもずいぶん大きくなって、手が離れてきた感があるからです。
それと、なんで再来年かというと、再来年には、今までやってきた役員の仕事から、離れるからです。

実のところ、ずっと働かないつもりではなかったんです。
前々からずっと、必ず将来、ナツのためになるようなことで、働こうと思ってた。これは本当です。

ただ、それはもうちょっと先になりそうだから、それまでに、なにかその時に役に立つような技術なり知識なりを身につけると言う意味で(いや、もちろんお金も欲しいですが)、働きたいな、と。

さて、その時に役に立つような知識なり技術なり、というのは具体的にはなんだろう?

…というのを、ボチボチ考えていきたいと思っています。
ちょっと、考えがないわけでもないんですけどね!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック