実は。

また 服を買っちゃったんだな
値段は 言えないんだな
ナツの服も 買っちゃったん だな
へ、兵隊さんの位で言うと 何番目くらいの 値段なのかな

定額給付金は 我が家に辿り着く前に
ないも 同然なんだな?


(以上 山下清風にお願いします)

ちなみに、山下清は、やはり自閉症だったという話です。
なんでも「兵隊さんの位」で考える、というのは、
ナツが「春は3月~5月」というのとおんなじで、
彼にとってわかりやすい「基準」だった、ということらしいです。

昔は、今よりも、世の中の構造が、自閉症の人にとって、わかりやすかった、と言えるかもしれません。
人に階級があって、身分の上下によって、とらねばならない態度も厳密に決まっていましたものね。
(って某大学のT先生も言ってらっしゃいました)

いまみたいに「暗黙の了解」とか「空気読めよ」とかいうよりも、
ずっとわかりやすかったのではないでしょうか。


とか言って、話をそらしちゃったりして。

服買うヒマあったら、痩せなきゃだよ>自分








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック