一歩一歩。

当たり前なんだけれど、すべての人に自分のことを理解してもらうことなんて、できるわけがない。
私のことをよく知らない人にとっては、私の行動は、理解できないとか、ひどいとか、そういう風に映るかもしれない。

けれど、私のことをよく知っている人たちが、私の行動について、
理解と賛同を示してくれているなら、それでもう十分だと思う。

どんなことでも、100%人に理解されるなんて無理だ。

「あなたの行動は、あとになって評価されるだろう」
と言ってくれた人がいた。
でも、あとじゃなくて今でも、私が大事に思っているひとたちが、
私のことを理解して助けてくれているから、もう十分…。

あとは、自分自身だ。

いま、私のことを助けてくれる人がいるのは、それは、「これまでの私」を見ててくれたからだろう。

だから、これからは、「これからの私」の行動で、私がどういう人間なのか示すしかない。


自分の足元をしっかり見つめながら、自分の横に人がいるのを確かめながら、
一歩一歩、歩いていきたい。
誠実であるということは、口に出して言ったり、紙に書くものでもなく、
その行動の日々の積み重ねでしか、表せないのだろうと、思うから…


最近、つくづく、人とのつながりを、これまで以上にありがたく感じるのです。
もちろん、それを大事に思っているからこそ、ここに住み続ける決意をしたわけだけど、
困難に陥ったとき、それをより一層、強く強く、実感したのです。
















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック