バレンタインデーでしたね。

ごめんなさい、コメントのレスが滞っています…
でも自分の中の言葉は吐き出したい感じなので、一方的になっていますね…
ちょっと疲れているんだと思います。

さて、今日はバレンタインデーでしたね。
普通ならなにか自分で作るところなんですが、
とてもじゃないけれど、そんな元気がありませんでした。

そこで、前々から目をつけていた、とある喫茶店の生チョコを購入。
金で解決してしましました…

ユウくんと、ダンナにあげました。
ダンナは感動がまったくありません。けっ。
ユウも特別ないみたいだけど、「ありがとう♪」とは言ってくれました。
ここが、小さいようで大きな違いです。
やはり、ダンナより息子が愛しいわけです。

ナツさんは、今日は好きな男の子のために、チョコを購入していました。
今日はナツは「日中一時支援」に行っていたので、そこの職員さんに、
チョコを買いたいらしいので…とお願いしておいたのです。

チョコを買うつもりなら、千円くらい持って行きなさいといったのに、
なぜか200円しか持って出てなかったらしく、
200円の、えらくチープなチョコを購入しておりました。
ガーナチョコです。
でも、サイズはでっかかったから、まあいいのか?

今日は土曜日なので、月曜日に渡したら?と言っておいたのですが…
なんと、買ってきたチョコをナツさんは、多分(私のいないときだった)、
無造作にテーブルの上に置いておいたんでしょう。

そうしたら、それをユウが開けちゃった(涙)

しかも包装紙やぶいてた…



ばかもの~!!!


…幸いにも、中身を食べてはいなかったんだけど、包装紙は、
ちょっと修復不可能な状態で…


めったにユウを叱責しないわたくしですが、今回は怒りました。
ナツちゃんが、好きな子のために買ってきたチョコを勝手に開けるとはなにごとか!!と。

ユウは、呆然とした顔をして、無表情になり、機械的に謝り…
(ショックを受けると、こんな感じになる)


その後、
自分の勉強机の下にもぐりこんで、シクシクやっていました。←定番。


通常なら、シクシクやっていると、母が慰めに来るのですが、
今日は来なかったので、自分からこそっと、机の下から出てきて、そうしたら
「なにやってんの、誰が悪いと思ってんの」とまた母に責められ、
ポロポロ涙をこぼしました。



…これを見ると、つい、「もういいよ」と許してしまうんだよなぁ…


でも、今日はこらえて、くるっと後ろを向いて出て行ったところ、
向こうがおっかけてきて、抱きついてきました。

そろそろ許してやるかとひざの上に抱きあげると、ひんひん泣きました。

「なんで泣いてるの」

と言うと

「怒られたから」


「自分は悪くないと思ってるの?」


ぶんぶんと首を横に振る。


「自分が悪いけど、お母さんに叱られたのがイヤだったの?」


こくんとうなづく。


「お母さん、めったに怒らないのに、怒ったから?それが悲しかったの?」


こくん。


「でも、ユウが悪かったでしょ。反省してる?」


「…向こうの机の下で、反省した…」


それからしばらく、私に抱きついて、シクシクやっていました。
仕方がないので、

「もういいよ。許してあげる」

と言って、生チョコを食べさせてあげました。
ユウは口のまわりをドロドロにしながら、まだグズグズ言ってましたとさ。



子育てって、楽しいですね。
母であるということは、本当に楽しい。

こんな楽しさ、いったいいつまで続くのかなぁ…















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック