カウンセラーの先生に会ってみました。

実は、先日、スクールカウンセラーの先生に会っていただきました。
1月に予約入れたんだったと思います。

小学校のほうの、カウンセラーの先生。
中学校は…まあ、いいから。

ユウくんの、気弱というか、お人よしというか、押しの強い子にかかると
いやなことでもやらされてしまう性格を心配して…


と、言うと、多くの人が、

「スクールカウンセラーの先生に会ってみたかっただけじゃろ」

「ユウくんをダシに使ったわね…」



とか、言うんですが!


なにをおっしゃる。とんでもない、誤解ですよ~~~!

本当に、わが息子を心配しているのですよ~~

だから、ちゃんと相談しましたとも。


友だちが押しの強いタイプだったりすると、やりたくないことでもやってしまって、
その結果大けがしたことも(…登りたくないフェンスに登るハメになったりとかも…)あること。

人とケンカするのがイヤで、自分が我慢してその場が丸くおさまるのなら、我慢しようと思ってしまうこと。

今は特別問題がないが、大きくなったときに、この性格のせいで、
悪いことに誘われたときに断れないとか、そのようなことが起きないかと、心配なこと。




いじめられたとか不登校とか、なにかこれといって問題があるわけでもないのに、相談していいのか迷いましたが…と言うと、先生は、

「お母さん、よく相談に来てくださいました。
お母さんの心配なさるようなことは、実際に起こり得ます。
そうなる前に、大人が適切な介入を心がけることによって、
大事に至ることを防ぐことができます。
そのために私たちがいるんですよ」


と。


いや~良かった。ほら、私って、たいしたことないのに医者に行って、「こんなことで来たんか」みたいな顔をされることが、まま、あるんで(汗)
またそう言われるかと…

他にも、いろいろ、子どもについてお話して、先生にアドバイスいただき、
楽しい時間でした。

また行こうかな~♪


でも、ちょっとしくじったのは、担任の先生に、なんの件で行くかを、事前にお話していなかったこと。
私がチクッた、と思われたかもしれない(汗)

予約は担任を通してするものなので、先生は私がカウンセラーのところに行くことは勿論知ってたんだけど、「大人の介入」について、カウンセラーの先生からもお話があったようで、「行き届かなくてすみません…」ってコメントが。

いやいや、そうじゃないんです。
「転ばぬ先の杖」のつもりなんで!!

今はなにも問題ないんですよ、ほんとに!!

ほら、日本人って、カウンセリングを受けることに慣れてなくて、カウンセラーを利用することについてヘタだから、自分自身の練習の意味もあったんです!!



と、必死にフォロー。


やはり先に、「これこれで、カウンセラーの先生にご意見を聞いてみようと思います」って、言っとけばよかったな…と思いました。

そりゃ、先生にしたら、自分が頼りないからカウンセラーのところに行ったんか…と受け取られたかも?

でも、親も先生も、カウンセリングを大げさに考えるんじゃなく、もっと気軽に、利用すべきだと思うんです。
うちの学校でも、カウンセラーを利用する人って、本当に少ないみたい。
そうやって抱え込んで、あとで大変になるくらいなら、
日頃から、なんでもないときから、お話して、万が一に備えたほうがいいんじゃないかと…

それにね、税金で雇ってるわけでしょ。利用しないなんて、もったいないじゃないですか~~~



いや~これでカウンセラーの先生とも面識ができたし、
なんかのときに、頼めるかな…

へへへ


はっ。


いやいや、本当に、相談に行ったんですよ。本当に。
もちろん、好奇心がなかったと言えばウソになりますが…(笑)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック