倉敷がとっても好きなの。

ははあ…さっきコメントを自分で入力して、自分で驚いた。
「倉敷が好き」
信じられないなぁ…我ながら。

ここへ引っ越してきた時、あまりの福祉の不充実に、
「こんなとこいられるか、すぐ引っ越してやる!」って思ったのに。
あれから、もう10年たとうとしているわけで。

福祉の現状はたいして変わってないというのに、
今の私は、倉敷が好きになっちゃってる。

あーあーどうしたんだろう。
全然オトコとして見ていなかったのに、一緒に仕事しているうちに好きになっちゃった…
みたいな感じだわ。(え?違う?)

この1年すごく悩んで、
特に夏あたりからは、一日一日で考えがコロコロ変わってた。

それでも夏が終わるときには、「今年転勤になったら、迷わずついていこう!」ってハッキリ思ってた。


…でも、また転勤はなかった。


最近、正直言って、ついていくのがイヤになってきてる。
ここにいたい…って気持ちが大きくなってきている。
結局、どこに行ってもパラダイスなんか無いって、ようやくわかってきた私は、
パラダイスを探すんじゃなくて、仲間がいるところが自分の居場所じゃないかと思い始めている。

でも、それって、単に、楽したいだけ、変化を恐れているだけなのかもしれない。
そして、冷静に考えると、やっぱり引っ越したほうが、今よりも良い環境を、ナツに与えてやれるのは事実という気もする。

パラダイスでは無いにしたって、より大きい自治体のほうが、選択肢が多いのは確かなわけで。



…でもね。
遠くの親戚より、近くの他人って言うじゃないの。




あーあ。

本当に、どうしたらいいのかなぁ…

こうやって悩んでいる間に、機を逃しているんじゃないか…
人生には、どうしても決断しなきゃいけないときがあるんじゃないか…

でも、それって、今?それとも1年先?2年先?



ぜんっぜん、わからないよ!ほんとに!!!












この記事へのコメント

akko
2008年12月17日 00:00
そんな時は、な~にんも考えず、ただ「世の中」に身を任せてみるのもいいのかも(笑)いいかげんっぽいコメントかも知れないけど、考えても「結論」がでない問題なら、いっそ「棚にあげておく」。。すると、ふと気付くことが絶対にある。大切なのは、人が意見することを聞いて迷ったり、将来の見えない世界を想像して不安になりそうなところを「ぐぐっ」っと踏ん張って立ち止まっていると、ある日突然「自分自身が何がしたいのか」に気が付いたら、すすぅ~といくとおもいます。かくゆう私はまだないですが(悲)
2008年12月18日 00:36
>akkoさん

うーん…でも、もう何年も、棚に上げてきたんです。
棚に上げつつ、自分がいまできることを一生懸命、未来とか結果とか考えずにやろう、としてきたら、今みたいなことになっているわけで…

もっと無気力に過ごしてりゃ良かったかな…


この記事へのトラックバック