テレビで見た揚げ物。

ユウが、学校から帰ってくるなり、
「なんか、いいおやつ、なあい~?」
と聞いてきたけど、なにもありませんでした…。

…ので、作りました。いつものごとく、ヨーグルト入りのパンケーキ。

基本レシピは、クックパッドの「笑顔までとろけるパンケーキレシピID :260521 」を参考にさせてもらっています。
が、分量はいつもてきとー。適当でも全然問題なし。
ヨーグルトも、そのとき冷蔵庫にある分量を全部入れるだけ。だからたいてい、レシピより少ないことに。
バターも高いので、サラダ油で代用しました。
はちみつがなかったので、砂糖をもう大匙1、入れました。
重曹が入っているので、プクプクふくらんできてから焼くと、ふわっふわになります。
ほとんど甘くないパンケーキなので、チョコレートソースをかけてみましたが…
写真で見ると、ソースがかかったお好み焼きみたいだなぁ。
画像



夕方、ピアノに行って帰ってきて、晩御飯。
おかずは…
画像


これは、森三中の村上さんが、先日の「ドリームプレス社」のダイエット企画で作ってた、
「ヘルシーシーフードフライ」とかいうのを再現してみたものです。

これ、美味しかった!
うちのレギュラーメニューに加わりそうです。

白いはんぺんの真中に包丁を入れて、袋状にして、たまねぎとにんじんを入れて、
小麦粉を水で溶いてつけて、万能こし器で細かくしたパン粉をつけて、口を爪楊枝で留めて、
揚げたものです。
写真手前が揚げた後、四つ切にしたもの。後ろが二つ切りにしたもの。
でも、二つ切りはやっぱ食べにくいので、写真とったあと、さらに半分に切りましたけど。

真ん中にあるのは、ちくわ(おでん用の長いちくわ)の真ん中に軽くゆでたアスパラガスを
入れて(アスパラガスも当然、長いまま入れる)、同じように衣をつけて揚げたもの。
これも揚げてからななめ三つ切りにしました。
これはお弁当のおかずに使えるね!見た目にキレイ。

ダンナにも子どもたちにも大好評。あっという間になくなりました。
パン粉が細かいので、きれいにむらなく衣がつきます。
衣に卵を使わないのも、ダイエットレシピだからですが、別に全然、味に問題はナシ。
短時間で揚がるし、白いはんぺんって、東京もんが食うものでしょって私は思っていて、
おでんに入れるのはキライなんだけど、揚げるとプリン!として、確かにシーフードっぽい。

そう、なぜわざわざ私が「白いはんぺん」って書くかというと、
名古屋では、今は知らんけど、はんぺんっていうと、さつま揚げっぽくて平たい、茶色いやつのことを指していたので…少なくとも、生粋の名古屋っ子であるうちの母からは、そう教わりましたので。

だから私は、あれがはんぺんだと思って育ったので、大人になって、あの白いやつを見たとき、なんでこれがはんぺん!?って思ったものでした。

だから今でも、絶対あのはんぺんは買わなくって、今回買ったのは、非常に異例のことだったんだけど、なるほどこうやって揚げると美味しいわ♪

揚げるとふくらむのでボリュームも出るし、だいたい、はんぺんとちくわって、両方とも1袋99円くらいだから、とっても安上がりな揚げ物です。
これにタルタルソースをつけて食べると、お腹も舌も満足です(^-^)

村上さんは、タルタルソースに、ヨーグルトを入れてカロリーを減らしていました。
今度ヨーグルトのあるときに、やってみよっと。(パンケーキで使っちゃったからなかった)

みなさんも、ビールの御供に、どうですか~?






この記事へのコメント

ちず
2008年11月07日 19:04
はんぺん、チーズをはさんでバター焼きにするっていうのを
よくやってたな~。こどもたちが大好きで。
2008年11月09日 22:33
>ちずさん
へええ、バター焼き。美味しそう!今度やってみよう。

この記事へのトラックバック