公演が無事、終わりました。

今日、さきほど、師匠の倉敷公演が無事、終了いたしました。
来てくださったお客様、本当にありがとうございました。
関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

芸文館は二か月に一回ずつ足を運んでいますが、一階席が満席になったのを見たのは、
何年かぶりのことです。
実際、最近、どんな公演でも、あのホールが満席になることって、ほんとに
ないんだそうですよ。

受付開始は3時半だったのに、2時半に私たちが受付の準備に行った時には、
押すな押すなの長蛇の列…2時くらいに「もう並んでるらしい」とは聞いてたんですが、
実際見ると、ずらーーーっと窓から見える限り人が続いていて…
うちのダンナ&ユウなんか、駐車場の階段上がってすぐの位置で並んだそうです。
そこまでずーっと列が連なってたってことですね。二人は、結構早く着いたはずなんですが…

皆さん、自由席だから、ちょっとでも前に座ろうと思ってくださっていたんでしょうね。
受付開始と同時に、将棋倒しになったらどうしよう、と、マジで恐怖しました。

私は受付で、モギリをしていましたが、お客様がほとんど小走りなので、こっちも必死でした。

うちのダンナによると、みんなが席を探してウロウロ歩き回っていたとか…
結局、二階席に座っている方もいらっしゃったようです。

印象的だったのは、車いすの方が何人も来てくださっていたことですね。


さて、公演ですが、
私たちは最初のほうは見られなかったけれど(控え室で待機していたので)、
改めて先生の偉大さを見た気がしました。
先生の声の存在感はすごいです。先生がよく言われる「唄に情けがある」、という意味がよくわかりました。

公演内容も、ワンマンショーというわけでなく、いろんな方が入れ替わり立ち替わり出る感じで、
琉球舞踊や三線早弾きや、語りや…ほんといろいろでした。
とてもバラエティーに富んだ楽しいものだったと思います

教室の生徒代表の皆さんも、今日はとりわけいい演奏をされていました。
なんか、やはり仲間なので、見ていて嬉しかったですね~



今日、嬉しかったことは、平良とみおばあと握手できたこと。
平良とみおばあに花束を渡せて、少しだけど言葉を交わすことができたこと!


平良とみさんは、とっても小さくて、歩く姿もとってもかわいらしい方でした
本当にラブリー

リハーサルのとき、舞台そでに来られているのを見た時には、コーフンしてしまいました。
ひとことでいいから「えりぃ~」って言ってほしかった~(ミーハー


今日、残念だったことは、平良とみおばあと一緒に写真が撮れなかったこと


いや~とにかく、無事に終わって良かったです。



…関係ないけど、舞台そでに立った時に、大学時代のジャズバンドのリサイタルで舞台そでに立った時の感じがフラッシュバックしました。なんでかっていうと匂い。同じ匂いがした…

あのワクワク感はやっぱり、いいもんですね
私は「その他大勢」だったけれど、それなりに緊張もし、ワクワクし、楽しかったです。


は~足の裏が痛い。お疲れ様でした~










この記事へのコメント

2008年11月03日 23:23
最近、色々な芸能・芸事・お芝居に興味津々になってきました。以前はほとんど興味がなかったのですが、年をとったせいか、はたまた単身赴任生活が長くなって時間があるせいかわかりませんが、・・・・。
東京で公演やらないですか?見たいです。
うしおさん
2008年11月04日 13:41
いや~、皆さんお疲れ様でした。
自宅へ帰ってから何度もため息が出ました。
一杯やりながら妻と一日の出来事を話しました。
やっぱり芸文館のステージ客席からも見たかったな~。

ステージですが、自分でも意外なほど落ち着いていました。
宇都宮公演の時は、汗が肘を伝って舞台にポトポト落ちるほど
汗をかきましたが、今回は、最後のカチャーシーの時だけでした。
心配していた「島唄兄弟」も歌詞も演奏も間違わずに
精一杯唄えました。
お客さんからの拍手とても嬉しかったです。

私の妻いわく、男性陣が緊張でガチガチに見えたそうです。
それと演奏が終わるたびのおじぎがみんなバラバラだった
とのことでした。
その件は、自分でも分かりましたが、事前に打ち合わせを
していなかったのがいけませんでしたね。
反省点です。

次回の公演では、きっちりとやりたいと思っています。

教室の生徒さんも普段では見られないほどきれいでした。
生き生きして見えましたよ。

POSHIさん「潮工房掲示板」への書き込みありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
うしおさん
2008年11月04日 22:47
やっと今になって自分の掲示板にお返事を書き込みました。
ほとんど、だぶっていますが、ご覧ください。
少しPRになりますが、『潮工房』の掲示板は、沖縄ネタが
あふれていますって言うか、それがほとんどです。
面白いと思いますのでぜひ多くの方にみてもらいたいです。
2008年11月05日 23:30
>散歩おじさん(さんは省略、でいいでしょうか?)
ようこそ、お越しくださいました~コメントありがとうございます
東京での師匠の公演…そのうちには、あるかもしれません!
東京国立劇場でのリサイタル公演もあったそうですから!
沖縄から東京へ行っていたことを思えば、今は近いものですものね、陸続きですから。きっとそのうち…そのときにはぜひ、足をお運びください~
2008年11月05日 23:33
>うしおさん
やっぱり宇都宮公演が先にあったのが良かったのでしょうね。それにしても演奏も歌詞もミスなしとは、すごいですね~
奥様のチェックはかなり厳しかったようですが、私から見たら、別に特に問題は感じませんでした。事実、先生も、「100点」と言われていましたしね!
舞台にあがるときは化粧を濃く…と先生に言われたから、かなり濃くしてみましたが、日常生活であれやったら、水商売の人みたいですからできませんね(笑)
2008年11月05日 23:34
>うしおさん
潮工房掲示板、またお邪魔しますね

この記事へのトラックバック