秋ですね。

蒜山高原は、しかし、暑かった…

でも、風は秋色。(パクリ)

コスモスがきれいに咲いていました…

画像





しかし、やはり食い気なのでした。
ロールケーキ、250円。うまっ

画像




りりしい(?)後姿…

画像

北海道に行った時は、ビビって馬に乗れなかったユウですが、さすがにお兄ちゃんになりました。
最初はちょっと怖かったみたいだけど、最後には「慣れた」って。


さらに、「乳しぼり」も体験!

画像







ナツは、ああいうところでは食べる以外楽しみのない人。
バーベキューを食べ、ソフトクリームを食べ…あとは携帯いじりながらフラフラしてました。

乗馬でも散歩でも、「一緒に行こうよ」と誘ってはみるんだけど、
「ここに(建物の中に)いたい」と言うので、無理強いはせず…

昔は、無理やり一緒に行動させようとして、機嫌悪くさせるばっかりだったからね。

私はユウに乗馬をさせ、乳しぼり体験をさせ。
傍から見たら、ナツのことを「ほったらかし」?

やっぱり私って、ナツをないがしろにしているかなぁ?

そもそも、これまでだったら、会の日帰り旅行企画が乗馬のときは、私は行くのを断ってたのだけれど…
今回、私が行かないと、他の役員が大変だろうと思って行くことにしたのだけれど…
それに、そろそろ、ナツも牧場に連れて行っても大丈夫だと思ったので…

大丈夫ってのは、馬に乗れるという意味じゃなく、
牧場にいても大丈夫って意味で。

以前なら、牧場の敷地内にも入れなかったから。(動物がダメだから)
遠目に動物が見えただけで、「ダメよ~!!ダメですよ~!!!帰ります~!!!」と絶叫してただろうな。

でも、たぶん今ならそんなことはない、とりあえず付き合ってはくれるだろうと思ったから、行ったのです。

実際、馬に近づきはしなかったものの、別に機嫌悪くもならなかったから、
確かに成長しているなぁと感心したんだけれど。

それにしても、ユウとナツ、私一人で、二人連れていたら、要求の多いユウを優先してしまう。
これっていけないのだろうか…

…って、ちょっと気になる母でした…












この記事へのコメント

kenママ
2008年10月05日 12:02
今日は雨になりましたね(笑)
ワタシは用意して集合場所まで行ってから中止になりました。

うちみたいな一人っ子の親からみたら
兄弟がいる家庭って、子供に対する差別・区別せずにすむものなのかなって不思議になります。
たぶん3人以上いたらそんなに差もでないかもしれないし、
比べにくいかなとも思うんだけど、
二人の場合はほんとう~~に、分け隔て無くって
難しいと思うよ~~。
2008年10月05日 15:45
>Kenママさん
確かに…健常児ばっかの兄弟でも、親って、可愛がり方に差がありますよね。うちの親もそうだったし、よその家を見ても、どうもそうみたい。
親子でもやはり相性はあるっていうし。
あ、私3人兄弟なんですけど、差はついていたと思います。
どうも、親は、やさしい子をかわいがる。当たり前といえば当たり前だけど。これが、年をとっても変わらないんだ!!困ったもんだ…

そう、ただ私は人目を気にしているだけなんだと思います。障害のある子を可愛がってないって思われるのがイヤなのかも。
ナツはもう思春期で、単独行動を好むようになっているんだから、人目なんか気にするんじゃなく、彼女のやりたいようにさせてやればいいんだろうに、いまだに、「人からこう思われるかも」と思ってしまう、ちっさい自分が情けない限りです。
よーかい
2008年10月06日 02:29
以前、自閉症児及びその兄弟と遊ぶサークルに1年間入っていたことがあるんです。

そのときに感じたのは、健常の兄弟の方が、普段我慢している分すっごく愛情に飢えていて、他者とのつきあい方がヘタだってことでした。
だから、「こいつは受け入れてもらえる!」と思うと、もう容赦なくて、よーかいはよく眼鏡を壊されたりしたものでした…σ(^_^;)


だけど、ルーファスさんのなっちゃんとユウ君との関わりをみていると、すごくいい関係が築けているなぁ~と感じています。
ユウ君なら、愛情不足に我慢しているようなことになっていなそうですもん。
だから、大丈夫ですよ♪(*´▽`*)
きょろ
2008年10月06日 09:44
女親は息子LOVEなものですよ。同じことをしても女の子なら当たり前。息子だと、男の子なのにエライわとかなるわけよー(-_-メ)人間なんだから平等になどとはいかないものです。同じようにしていても受け取り方も違うしね。怒って伸びる子、それを受け止められない子。いろいろです。って子供いけど(笑)

ナツちゃんと旅行で1日だけご一緒したけど、あまり制限すると萎縮しちゃう感じがしたので、要所要所で自由にさせてあげるのがいいなと思いましたよー。子供には楽しい一日を過ごしてもらいたいよね。イヤイヤばかりじゃツマンナイ。

しかしながら母も人間、やっぱり褒められたいんですよね。人間、えらいねって褒められたいんですよね~(>_<)
2008年10月06日 19:31
>よーかいさん
そうそう。わかるわかる。普段かまってもらってない子は、かまってくれる大人が好きで、すごく求めてくるよね。私も他人の家のことならよくわかりますわ。
ユウのことは意識してかわいがっているわけではなく、心からかわいいのよね~だからベタベタかわいがっちゃう。それが人から見ると、私はユウに甘い、過保護…ということになるのだわ。

>きょろちゃん
そうよ~息子はかわいい。本当に。ただし、将来はヨメのものになると思うと、報われない。女の子は、ベタベタする気にはやっぱりなれない。だって同性だからさ~どうしても見方も厳しくなるわよね。

旅行の時にも言ったけどさ、世間は、障害のある子の味方なわけよ。そして多くの場合、母親が責められるのよ。「ナツちゃん、かわいそう~」って感じ。はっきり口に出さなくても、そういう視線を感じるわけよ、ピリピリと。それが母にはつらいわね。

この記事へのトラックバック