今週の宿題 「祝節」。

沖縄音楽修行中です。というか修行の入り口にも立ってない程度ですが。
現在、先週のレッスン時に、買いたてのボイスレコーダーを使って録音した音を聴きながら、
「祝節」の練習中。(消音ウマ使用)

ボイスレコーダーっていいね~
もっと早く買えば良かったよ~大後悔。

しかし…それにしても…

わ、わからん…唄は聞こえるけど、三線の音が聞き取れない。
もっと前に座るべきかっ。時々入ってる、どうやら自分自身の声らしきものが、またうっとうしいことっ(怒)

ネットで、祝節の音源を捜して聴いたほうが早いかも。

これ難しいわ…三線ができたとしても、唄がうまく乗らない気がする。
ピアノに慣れているので、はっきり「ド」とか「レ」とか、音を取れる曲は、
比較的すぐに歌えるし弾けるけれども、
「祝節」のように、いかにも民謡らしく、音が、ゆらぐ波のように上下する曲は、
難しく感じます。

三線と唄が合っていなく、jazzで言うところのフェイクのような、
「ため」が、たっぷりあって、
唄がゆらぐ中に三線の音が、ところどころ浮きつ沈みつ…

まるでカウント・ベイシーのピアノみたいだよ(涙)

私の父は、民謡がなかなか上手で(いやもちろん、本土の民謡だけど)、よく練習していたもんだった。
結婚式のお祝いの席で歌ったり。

私が上手に歌って弾けるようになったら、歌ってあげたら喜ぶかもなぁ。

がんばろー。













この記事へのコメント

耳って大切!
2008年08月29日 00:17
こんばんは
突発性難聴を患って初めてわかる耳の大切さ!
音が聞き取れないっていうことが、気が動転するくらいの恐怖を味わうことになろうとは・・・今週は祝い節どころかチンダミさえできませんでした。「狼狽した姿を見たのは初めてです」と土曜日午前から継続して、がんばっておられる方(あの同僚です)に言われ情けなくなりました。
電話は聞き取れない、女房の声も聞こえない(都合がいいときもありますが・・・)土曜日は悲惨なことになりそうです。
Bun
2008年08月29日 00:22
またまた、ニックネームのところにタイトルを入れてしまいました。
失礼しました。先週はビデオも忘れ、祝い節のイメージがつかめないままです。お師匠さんからいただいた楽譜もよーわからん!どーすりゃいいんだ!
2008年08月29日 21:50
>Bunさん
突発性難聴だったんですか?それは大変!お仕事にも差し障りがありますね。でも、疲労とストレスが原因なんじゃないでしょうか…職場を変わったら、治るかも…(楽譜じゃよくわかんないですよね、実際)。
しかし多くのミュージシャンが、突発性難聴を患いながらも音楽活動を続けています。実際、耳ってのは片方聞こえれば、生活できるんです。(うちの母がそうです。)気を楽~に持っていれば、きっと改善しますよ!お大事にしてくださいね。私は耳が両方とも聞こえるのに、いまだに祝節が弾けません。重症です。

この記事へのトラックバック