思わずイラッ…とくること。

と言っても、一般的な話でなくて、すみませんが…
いい加減子どもが大きいのに、いまだに子どもの障害に
きちんと向き合ってない人々を見るとき。私は…

イラ…ッ


いい加減、ハラくくれよ!


と、言いたくなるのです。(実際には言いませんが。せめてここで書かせて。)


それは、実は障害があるんだが、普通クラスで(子どもの障害に配慮しつつ)がんばる道を選択した、
とかいうケース
を指すのではありません。

そういう選択は、ある意味非常に勇気のある…イバラの道だけど子どもと共に、
子どもを支えながら歩もうとした、いさぎのよい選択だと私は思います。

けど…

思いっきり特別支援学級に入り、思いっきり障害児としての支援を受けているのに、
まだ、自分の子は、言わなければ障害児とは思われない、とか、
戻ろうと思えばいつでも普通クラスに戻れるんだから、とか、
障害者手帳(十分取れるのに)取りたくない、だとか…

そうやって思ってるひと。

ごめんなさい、言葉が悪くて…
でも、とにかく、ハラくくってない人、私はイラッとくるんです。

これが、小学校1、2年生の親なら、わかります。
まだ受け入れられてないってのは。
でもね~違うんだから。大きいんだから、いい加減。こども。

そういうひとは、たいていの場合、自分の子どものことを客観的に見れてないんです。

普通に見える

ってのは、著しく客観性を欠いた意見の場合が多い。


親が思っているほど、当の子どもは、「普通には見えない」もんですよ。たいていの場合ね。

変人っぽかったり、ブツブツ言ってたり、声がでかすぎたり、逆に小さすぎてボソボソなに言ってるか
わからなかったり、「かんもく」だったり、歩き方が変だったり、その年齢だったら絶対しないような
幼稚な行動をとったり、そもそも表情が変だったり…


…いったい親は、いつまで目をそらすつもりなのか。子どもはいくつだと思ってるのか。

障害があろうとなかろうと、その子の人生をどーんっと受け止めて、

よっしゃ、それでも母ちゃん、がんばるで!

だから、あんたも一緒にがんばろうな!


って、最初は無理でも、子どもが大きくなるにつれて。そう思えませんかね?
子どもが成長すると共に、母も精神的に成長し、だんだんと強くなり、
腹もくくるってもんじゃないでしょうか???

そりゃー私ら「既にとっくの昔にハラくくり組」でも、人生の節目節目で、悲しみは覚えると思います。

同じ年の子が大学に進学するとき。就職するとき。結婚するとき。子どもを持つとき…

「普通でない」わが子の人生に、悲哀は感じるかもしれません。

でも、それはそれ。勝手に悲しみを感じるのくらいは、別に害はないと思うんです。


害があると思うのは、親がハラをくくってないために、
子どもが、必要な支援や、金銭的援助や、障害者のための優遇措置や、
生活の保障や…
要するに、ハンディキャップのある人を守るための様々な措置を、受けられなくしてしまうことなんです。

それも、子どもがそれを望んでいるわけじゃなく、
親がハラをくくれない、いつまでも「うちの子は普通にやってけるんじゃないか」という、
現実に即していない幻想を追っているために、です。

なんの支援もなく社会におっぽりだされるのは子どもです。
支援を受けたくても受けられず困っている高機能の子どもたちやその親が大勢苦しんでいるというのに、
支援を受けられる立場にいる人間が、それを拒否しているなんて…

大江健三郎氏は、自分の子が、手術によって命は助かるだろうけど、そのかわり重い後遺障害が残るだろうと言われたとき、数日間、思い悩んだそうです。

でも、その後、大江氏は、

「仕方がない、やろう!」

と思われたのだそうです。

そのとき、大江氏は、まさに「ハラをくくった」のだと思います。

すぐには無理でも、どこかできちんとハラをくくらなければ、私たちは前へは進めません。
そういう潔さを持つべきじゃないのでしょうか。障害児の親なら、とは言うつもりありませんよ。
「人の子の親として」。

…でも、誰でもあなたみたいに心が強くないのよ、と言われそう。
私だって心が強かったわけじゃない。
今でも不安はいっぱいだし、人前で、ナツの言動を恥ずかしいと思うことも多々あります。
(それこそ、「もっと普通にしていてくれ」って、つい思っちゃいます)

けれども。

少なくとも私の見栄や世間体のために、子どもを守るための様々な社会的な措置から、
子ども自身を遠ざける気にはならない、ということなのです。

親として、最低限、やれることはやっておくべきです。
自分が死んだ後のことを本当に心配するなら、
それは当然のことだと思うのです…















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック