親亡き後…

小学校の障害児学級でナツと一緒だったことのある子(今は養護学校高等部へ行っている)のお母さんが亡くなったという連絡を受けた。ショックだった。

彼は小学生のころ、お母さんが参観日に来ていないと、「オレのお母さんは?お母さんは?」と言って、情緒不安定になるくらい、お母さんが大好きな子だった。ところが、そういう子に限って、お母さんは体が悪く、なかなか学校に来られないのだった。彼はいつもお母さんを強く求めていた。

知らせを聞いたとき、彼がどんなに動揺しているかと想像して、本当に可哀想に思った…。

彼はこの先、母の死を受け入れて、力強く生きていけるのだろうか。
それが確信できないような子だからこそ、よけいに心配であり、不憫なのだ。

普通の子でさえ、親の死は受け入れがたいものだろう。
ましてや彼は障害児だ。
彼の生活に、このことが大きな影を落とす可能性は、否定できない。

お母さんのことはほとんど知らないのだけど、
ごく最近でも、彼のことをとても心配していた様子だったと聞いた。
どんなに心残りで、逝ったことだろう?


葬儀に参列することにしたのだが、
残された彼がどんな様子かと思うと…

見たら、絶対泣いてしまうだろう。こうして書いている今も、彼がかわいそうで、涙が出そう…。


もし私が今死んだら、うちの子たちはどうするだろう。

ユウに、

「もしお母さんが死んだらどうする?
もう抱っこしてあげることも、話を聞いてあげることも、
困ってるときに助けてあげることも、ほおずりしてギュッってすることもなくなるんだよ。
ご飯を作ってあげることも、洗濯をしてあげることも、お風呂上りに体をふいてあげることもできないよ…」

って言ったら、ウルウルして、「そんなのイヤだ~」って。

ナツに聞いたら、目を伏せて、「ダメだ」「無理だよ」って言ってた。




無理だろうとダメだろうと、死は容赦なく訪れる。
そのとき子どもたちが…特にナツが困らないように、備えておかなければいけないんだ。
準備するには早すぎるなんてことはないんだ。

明日にもなにがあるかわからないんだから…











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちず
2008年06月12日 21:32
私の大学時代からの親友。
(最終的には親友といえるおつきあいだった)
5歳の自閉症児を遺して死んだ。
今年で7回忌になるよ。早いもんだ。

自閉の高校生を持つ友達は、
「障がいのある子の親で、早く病死する人結構いるよ。
 ストレスも関係してるんじゃない?」
と言っていた。
療育とかいろんなつながりで自閉子育て仲間がいる中、
ちらほらと子を遺して亡くなる親がいたんだって。
ミもフタもない発言だったが、事実だもんな。

こどもは大人が思うよりずっと強いから。
人間は致死率100%で、それもいつかは来る別れだから。
Kawaiea
2008年06月13日 18:22
私は、中3の夏に母を亡くしました。
ほぼ間違いなく死ぬ病気だったのですが、
病名は親戚中で私にだけ伏せられていました。
通夜の晩に死亡診断書を見つけて、初めて病名を知り、
「どうして教えてくれなかったんだ」と周囲を責める気持ちが出たものの
責めたところで母が生き返るわけでなし、相手もつらかろうと
その気持ちを胸にしまうしかなかったわけで。
今にして思うと当時の私は軽度の発達障害があったのですが、
母の死を受けて、ある程度の急激な成長を強いられたように思います。

だから、
親の死を経験して得られる何かがあるはずだし、あってほしいと思います。
2008年06月13日 19:57
>ちずさん

む~。身につまされる話ですのう。ちょっと前の私の白髪話にも通ずるかも。友達はみんな、子どもに障害があるってわかってから、どっと白髪が増えたって言ってたもんなぁ。やはりそのストレスはかなりなものなんだと思う。(ってひとごとじゃないけど。)
今のところ、亡くなった障害児親仲間というのはいないけど…身近には。
ウツの人は何人もいる。母子家庭もめちゃんこ多い。やはりこれだけ多いってことは、離婚原因の多くに、子どもの障害がからんでるんでしょうな。姑とかに言われるらしいですわ、「うちの家系には、こんな子いなかった」とか…
ストレスは多いわなぁ。
でも、私はやっぱりまだ死ねないな。と、思う。子どもはなんとかなるかもしれないけど…でもまだ死なないぞ!(握りこぶし)

2008年06月13日 20:06
>Kawaieaさん
ご無沙汰してます、お元気でした?
お母様を早くに亡くされてたんですね…
Kawaieaさんにだけ知らされてなかったってのは…子どもだったからでしょうか?知らせてくれたほうが、それなりの覚悟ができたということもあったかもしれませんが、難しい問題かもしれませんね。中学生ですものね。
私のまわりには、お母さんを早くに亡くしている方も、結構いるなぁ…
母の死ってのは、子どもにどういう影響を与えるのか…でも、Kawaieaさんが言われるとおり、失うものも大きいけど、得るものも大きいのかもしれません。私の周りの、お母さんを早く亡くした人たちを見ても…そう思います。
Kawaieaさん、私も、基本はADHDだと思います(笑)LDもあるかも…話聞きながらノート取れないしな~。数学だけ、極端に苦手だし…
数学になると、急に脳みそが停止する感じがするんです…
ところで、もしよーかいさんが合格したら、一度、飲み会しませんか?(^^♪

この記事へのトラックバック