初下校。

今日、初登校の帰り道。
学校から帰るコールがあったので、
ちょっと時間を見計らって、迎えに出てみました。

すると、行けども行けどもナツが来ない。

道程の半分くらいまで来ても、まだ来ない。
先を見通しても、来る様子がない。

そこで、位置探知をしてみました…
先生にお願いして、GPSで位置探知できるようにカバンにしのばせてあるのです。

すると!明らかに私が教えた通学路とは違うところにいます。


ええっ。まさか迷った!?

うそお。あの子、方向感覚はとても良いはずなのに…

こういうとき、最悪の想像がかけめぐるのですが、
そうは言っても、もう中学生。大きいのです。

小学校1年生で、入学してすぐの下校時に、間違えて他の方向へ行く子についていってしまい、その子の親が学校に電話してくれて、教頭が車ですっ飛んで迎えに行ってくれた…

ということがありましたが。

もうあの頃のナツとは違うのです。
(その事件のときには、頭の中が真っ白になって、血の気が引いてクラクラするほど、恐怖を感じたものですが…)



まず、この位置探知は多少の誤差が出ることがある、ということを考えました。
でも、明らかに私とはすれ違ったらしい、私よりも家に近いところにいるようです。

そして、途中、分かれ道があって、私が歩いているのとは別の道を、
ナツと同じ中学の生徒が何人も下校しているのが目に付いたので…

ははあ。みんながあっち通ってるから、ナツもあっちに行ったかも。

道はどっちからでも行けることをわかってるだろうし、
むしろみんなが通っている道のほうがナツにとっても車でよく通る、なじみのある道だから…

私は別の道を通学路として教えたのですが、なぜかというと、
もうひとつのみんなが通っている道は、車の通りが多く、狭く、見通しが悪いところがあるからなのです。

でも、やっぱりみんなの流れに沿って歩いたら、あっちに行っちゃうわな~。


私もそっちの道をとって、家のほうへ向かいました。
もう一度位置探知してみます。
ちょっと時間がかかるのですが、探知の結果、もう我が家にいるらしいことが判明(-_-;)

急いで家に戻ったところ、カギを持たせておいたユウから電話が。

どーでもいい内容だったので、

「そんなことはいいから、ナツ、家にいる!?」

と聞いたら。
平然と、

「いるよ。(マンションの)下で会ったから、一緒に入ったの」


ガク~

やっぱりね…

大体そんなことだろうとは思ったけど、
やっぱり一瞬、悪い想像してしまったし(さらわれたとは思わないけど、誰か悪いやつに絡まれてズルズル連れて行かれたとか…)、ドキドキしたのにぃぃぃぃ。


は~。
つ、疲れました…



ともあれ、無事に帰って来て良かったです
本人、全然平気みたいですわ。
わかっちゃいるんだけどね~…



帰って来て、

「中学校どうだった?」

と聞くと、

「楽しかった」


まあ、良かった良かった














この記事へのコメント

2008年04月13日 15:16
御入学おめでとうございます!!

しっかりと成長されてて 私もうれしくなりました。
ちゃんと帰って来られて良かったですね~
私も子供(特に一番下)がいつもの時間に帰って来ないと
変な人に連れて行かれてるんじゃ‥ なんて思ってしまいますが
平然と娘は帰って来て、
「終礼が遅かっただけやん‥」と素っ気なくて。
「お母さんもいつも帰る時間バラバラやんか」と言われ
何も言えませんでした‥ (^^;)
2008年04月14日 23:03
>rikuさん
良かった!rikuさんのブログをRSSリーダーに登録していなくて、どこかわからなくなっちゃって、お聞きしようと思ってたんです(^^)今度こそちゃんと登録しますね♪
ちゃんと帰ってきました~今日も。向こうからテクテク歩いてくる姿を見ると、普段のことを忘れて、「かわいい…」と本当に思います。

>お母さんもいつも帰る時間バラバラやんか
や、そうだけど…お母さんは、さらわれないですもんね、まず。(^_^;)

世志子
2008年04月26日 10:03
今週の水曜日、中学の役員会があったのですが、中学校のすぐそばでちょうど帰宅途中のナツさんをお見かけしましたよ。
しっかり安全を確認しながら歩いていました。

本当にあの道は細くて狭いですよね。
うちの息子も去年、部活行事で自転車で中学校へ向かう途中、自転車から転げ落ちたことがありました。
ちょうど用水路のない場所だった&車がいなかったので大ごとになりませんでしたが、これからも心配です。

この記事へのトラックバック