沖縄旅行、第一日目、その3。

いつまで第一日目やねん(涙)
え~、許田、道の駅の次に向かったのは…

ナゴパイナップルパーク」でした。

kenママさんもよく行っているみたいだし、今回は行ってみようかと…
と思ったんだけど、どうかな~とも思ってました。

というのは、なぜ前回の沖縄旅行で、前も通ったのに立ち寄らなかったかと言うと。

ここって、「カート」に乗って、回る形式になっている。
カートって、ゴルフ場でホールからホールへ移動するときに乗るような、アレ。



ナツは、この手の乗り物がダメなのだ!


なにしろ遊園地の乗り物にも乗れない人なので、こういうのはダメなんだ。


…きっと乗らない。そう思って、前回は寄らなかった。

しかーし。
今回は、ちょっとゴリ押しすれば乗るんじゃないか…?という目算があり。

行ってみることにしたのだった。
なにせナツは、この1年、たった1年の間にも、驚くほど色んなことができるようになっている。
以前ならダメだったはずのことができるようになっている。

多分行ける!そう思ったのだが、
カートをチラ見したナツは
「いやだよ~いやですよ~乗りませんよ~!!!」


…拒否…


なんと、このときの私は、ナツの説得に必死だったので、
窓口で療育手帳を出すのを忘れてしまった!
この後、テーマパークの類に入るときは必ず手帳を提示していたのに、
この時ばかりは忘れてしまった。不覚。

「いいじゃ~ん、乗らなくてもいいから。ユウとお父さんが乗るのを、お母さんとナツは見ていようよ。ね!」

…とダマして入場。


ダマすことはなるべくすまい…日ごろはそう思ってるんだけど。
過去に、何度もナツをダマしてきた私(普通のアイスだよ~と偽って薬入りのアイス食わせたり)、そういうことを繰り返すと信用されなくなるから、本当のことだけを言うように、心がけているのだが。

今回はウソついてしまった…

いったん入場し列に並んだら

「乗ろうね。大丈夫、乗れるよね。ね。ね。ね。 

と、タタミかけ、押しこくり、ついにカートの前へ。
かなーり嫌がり、抵抗姿勢だったナツ。
でも、カートを目の前にして、私が背中を押したら、
そう抵抗するでもなく乗っちゃった!


…あとは問題なく、カートが自動で動き出し、楽しくパイナップルパークを見学できたのだった

「すごいじゃーん、乗れるじゃん、ナツ!」


と、ポシ父と二人で褒める。

「ちがいますよ!」

と叫びつつ、でもなんとなく照れてる様子のナツ。

乗れないと思ってたものに乗れたもんだから、私もとりわけ楽しく、
パイナップルパークの中を見ることができました。
別に、ヤシの木とか熱帯の植物園の中をカートで回るだけなんだけどね…
画像



画像

カートってこんなのです↓自動で動きます。でもユウは運転手のつもりになってましたけど。
画像


カートから降りると、貝殻を展示した展示館があって、これは私は、かなり楽しめました。
すっごくキレイなんだもの!!!
貝殻、買えば良かったかなぁって後から思いました。

貝殻の収集家っていうのが、いるんですね~
そういう人たちにとっては垂涎の的、っていうような貝殻が展示されていました。
特にタカラガイは、人気らしい…
確かにキレイなんだけど…
なんか…ちょっとキモい気もしたんですが…
なんか、斑点が規則正しく、全体にビッシリ並んでいるのって…オゾ気が走るというか…


私は、貝殻は好きだけど、タカラガイのコレクターにはならないかなヾ(;´▽`A``

シャコ貝とか、キレーでしたよ。
子どもらがどんどん行っちゃうので、「待って~見させて~」と言いながら、
結構じっくり見ました。

その後は、パイナップルの化粧水を売ってたり…うっかり買っちゃった…だってシミが消えるって書いてあったんだもん…使ってるよ…いまだにシミは消えてないけど。(←当たり前)

途中、こんな日本家屋のミニチュアが…ユウはこういうの大好きなんだよね~…(^_^;)これが細かくできていて、ユウはいちいち、タンスの引き出しを開けたり、火鉢をいじったりしていました。
画像


パイナップルのワインを試飲(私だけ!)したり。
ワイン、甘くてジュースみたいでした。甘いワインは好まないので、パス。

その後、生パイナップルの試食(自由に食べられる)や、パイナップル関係のお菓子やジュースのオンパレードのお土産もの街道が続きました。
試食・試飲だらけなので、つまんでるだけで結構満足~

結局なにも買わなかった~化粧水以外…(←結局カモられてるし)

ナツは、貝殻の博物館あたりまでは一緒にいたのですが…
その後、どんどんどんどん、勝手に突き進み…

会えたのは、おみやげ物やさんの出口付近(最終地点)でした。
まあ、心配はしてませんでしたが。
外に出ていなくなるってことは、まず無いと思ったので。

試食をつまみながら、「ナツもスタスタ行っちゃわずに、食べれば良かったのにね~」と
ポシ父と話していたのですが、後でナツに聞いたところ、ちゃっかり試食していたようでした。
さすが、食べ物には貪欲な…

カートに乗っただけでなく、知らない建物(パイナップルの化粧品やらワインやらおみやげ物やらは、全部ひとつながりの建物の中にある)にズカズカ、恐れ気もなく入っていってしまうなんて、ナツ、本当に、「場所に対する抵抗感」が少なくなったな~って感心しました。
昔は、ちょっと薄暗かったり、得体が知れないと入れなかったのに。
よく足が止まっちゃって、行きたいほうに行かせるのにも一苦労だったのに。


…その代わり、多動になってるかもな…(;´Д`A ```


とにかく、結構楽しい時間でしたよ♪
カートに乗って、生パイナップルやケーキやお菓子の試食・試飲。
そういうのを楽しめるお子さんなら、連れて行ってみてください。


まあ、でも、うちの場合は1回行けば、もういいかな。ヾ(@°▽°@)ノ

画像


そうそう、ここでは、「美ら海水族館」のチケットが、「大人2名子ども2名」だと2割引で買えるみたいです。(確か、そう書いてあった…4人家族限定なんかよ、って思った覚えが。)

(まあ、うちの場合は、ナツ1人は療育手帳提示で美ら海水族館タダになるので、4人家族割引ってのは、困るんですが…)

許田の道の駅でも、美ら海水族館のチケットが2割引で販売してるらしいです。未確認だけど。

それと、ナゴパイナップルパークのHPにパークの入場券割引クーポンがあるので、刷って持っていったほうがいいですよ。1割引になります。
うちは事前リサーチが足りず、そのまま入っちゃったけど…

それと、ナゴパイナップルパークの入場料が、療育手帳提示でいくらになるかは、出すのを忘れていたのでわからずじまいですが、持っている方は是非、提示してみてください。
恐らくなんらかの割引があるものと思われます。



その後…私たちは。
展望台へ向かったんでした…多分。

しかし、長いなぁ。
全然進まんし。

パイナップルパークなんて、普通の人なら2行か3行でスルーすべきところなんでしょうが。

自閉症児連れ旅行的リポートを心がけると、どうしてもいちいち長くなるなぁ。
だってカートに乗るだけでひと騒ぎだもの。

でも、私のブログ記事を読んで、「うちも思い切って行ってみようかしら」って、
自閉症児をお持ちのお父さんお母さんたちを勇気づけたいな~
ちょっとでも役に立ちたいな~

なーんて思うので、詳細に書いていこうと思います…




ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします。
画像








この記事へのコメント

kenママ
2008年01月17日 21:32
はい。北部に行ったらほぼ行ってます。
だって、だって、うちの子パイナップル大好きで、
本人も場所まで覚えてて、「この道まっすぐ行ったらパイナップルあるよな~」って誘導されちゃいます。
まぁ、カートにも乗れて、パイナップルおなかいっぱいになるまで食べれて(夏場がオススメですが)、お菓子の試食もできて♪
この間行ったときは、うちの子勝手に「ハバネロちんすこう」を試食
してしまって、大変なことになりました。
2008年01月18日 06:18
kenママさん、そうだよね~よくkenママさんの旅行記に登場するよね。子どもって、ああいうのどかな乗り物も結構喜ぶから、お手軽に楽しめて、いい時間つぶしにもなるよね♪
2008年01月18日 06:19
しかし、「ハバネロちんすこう」って…(^_^;)売り場の人も止めなかったんかい…(-_-;)

この記事へのトラックバック