のびろのびろ だいすきな木

のびろのびろ だいすきな木
みんなみんながすきだから
ひとりひとり そらにむかって
いきをしているよ


のびろのびろ だいすきな木
きみはきみは 木がすきかい
ひとりひとり そらにむかって
のびているよ


みんな みんながすき
ひとりひとりが いきをしているから
おおきな おおきな 木
そらにむかって
いきをしているよ





昨日から頭のなかから離れない。
28日の記事でも紹介した、「のびろのびろ だいすきな木」。 ←YouTubeへリンク 是非聞いてみてください。

平泳ぎで泳いでいる間も、ずーっと頭の中で鳴っていて、
リラックスした気分で泳げました。


ホッチカズヒロのアニメーション映像もすばらしい。
なんとも優しい気持ちになる、歌と映像。
それにしても、このサウンドがなんとも言えず好きだなぁ、なんでだろうと思ってたんだけど、
考えてみたら、ひとつの原因は、ホーン隊が入ってるからだ(笑)
トロンボーンの柔らかい音が歌に合っていて、心地いい…







↓ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします。
画像




この記事へのコメント

よーかい
2007年10月02日 22:20
昨日、NHK-FMのミュージックスクエアをなんとなく聴いていました。そうしたら、なんとゲストがアン・サリー!
「こころうた」から何曲か聴きました♪

この歌、トロンボーンとチューバかな?
ホーンがとても暖かいですよね~。

「こころうた」、父や母になってからの方が深く聴けるアルバムなのかな?と感じました。
身近ないのちをだいじにするような歌が多い印象です。
きっと、10年後に聴いたら、もっと深く聴けるんだろうな~。


そうそう、この「のびろのびろ大好きな木」は、NHKハート展のテーマソングでもあったんですよ~。
そして、この歌詞は、(おそらく知的)障がい者からの公募で集めた詩の中から1編をセレクトして歌をつけたのだそうです。

意外なところで、意外なつながりがありますね~♪(゚▽^*)ノ⌒☆
よーかい
2007年10月02日 22:23
あ、前回の記事見直してみたら、ハート展のことも知的障がいの青年の歌詞ってことがすでに書いてありました…σ(^_^;)

すみませぬ。。。
2007年10月03日 06:45
>よーかいさん
そうですね、「こころうた」は、かなり、ママとしてのアン・サリーさんの心境が反映しているようです。だから、これまで聴いてきたファンからすると、「お母さんカラーが強すぎて」ちょっとご不満もあるみたい。私はこれまでの楽曲を聴いていないので、素直にいいなぁと思いましたが…
でも、「のびろのびろ だいすきな木」は、どんな立場の人でも関係なく、染み込むような曲ですよね。曲も歌声も勿論、この素直な歌詞が万人に受け入れられるんでしょうね。これを書いた青年は、ステキな人だなぁと思って。元の詩は、「みんなみんながすき」から始まるから…幸せな育ちをしてるのかなぁって、ほんわかします(^^)
ホーン隊は、トロンボーンとチューバのほかに、トランペットもいますね。トランペットが軽い雰囲気作りをし、チューバが厚みを加えてますよね♪

2007年10月03日 06:50
あれ~、今見たら、YouTubeのリンクが切られてる…なんで!?
私の記事読んだ人からのアクセスが殺到したから?←ないない。
「こころうた」は紙のジャケットで、CDも、かつてレコードが入っていたのと同じ、ペラペラの袋に入ってるんですよ♪凝ってますよね♪初回生産分のみらしいです。
2007年10月04日 08:58
YouTubeのページをよく見てみたら…
「このビデオは使用条件違反のため取り外されました。」
って書いてあった。
なんだ?使用条件違反って。掲載しちゃいけないビデオだったのかなぁ…?

この記事へのトラックバック