またまた香里園

またまた美観地区のお好み焼きやさん(ごめんなさい、美観地区じゃなくって「えびす通り商店街」です~)「香里園(こうりえん)」に行きました。気のいいおじさんとおばさんのお店。こじんまりとしてて、年季入ってるけど、清潔な店内。

画像

焼きそば定食

画像

子どもの焼きそばには、紅しょうがを入れるか抜くか、必ず聞いてくれます。



画像

お好み焼き。
関西風とはちょっと違うよなぁと思ったのだけど、
聞いたら、ご主人は若い頃、結構長いこと大阪に住んでいて、
故郷へUターンされたのだとか。
じゃあやっぱり大阪風なんだ…


画像

しかし、やはり関西のお好み焼きと比べると、厚みが薄いです。
焼くとき、ご主人はコテで抑えてたし。
大阪風は、コテで抑えないんじゃないかな。
大阪風でなく、ご主人風なのかもしれません。
前にも書いたけど、卵多めで、粉少な目な感じなので、軽い口当たり。
やさし~い、お味です。

画像

メニューに「かき玉焼き」と書いてあったので、なんのことか聞くと、
いわゆる「牡蠣おこ」(牡蠣入りお好み焼き)のことでした。

お好み焼きに牡蠣を入れるのは、私が最初に考えついたんです、と
誇らしげなご主人。
このお店ではそれを「かき玉」と言うとのことでした。


ニコニコ嬉しそうなので言えなかったけど、私たち夫婦は牡蠣キライなんです。ですから、ご主人自慢のメニューを口にすることは、この先もないでしょう…ごめんね







↓ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします。
画像





この記事へのコメント

よーかい
2007年09月19日 20:25
おお~。
ここですか!
こないだ美観地区を歩いたときにどこだろうな~?と探してみたけどわかんなかったんです~。

カキオコの発祥って、ここだったんですか!

……あり?
倉敷って牡蠣作っていないですよね…?(; ̄∀ ̄A
2007年09月19日 21:05
あ!よーかいさん、ごめんなさい。あそこ、美観地区じゃないです…(^_^;)
「えびす通り商店街」です。でも、美観地区からそのまま歩いていくと行けますけどね。美観地区の中国銀行の前の道を、商店街のほうへ歩いてしばらく行くと、右手に阿知神社に登る階段があり、そこを通り過ぎたら左手にあります。阿知神社階段のすぐそばの大判焼きの店も有名ですよん♪
牡蠣はでも、広島がすぐお隣だから、やっぱりいいのが手に入りやすいんじゃないのかな~岡山の人にとっては結構身近な食べ物かも。私の友達でも、「牡蠣はいつも一斗缶で買う」って人もいますし。飲み屋メニューでも、ガーンと牡蠣が大皿盛りで出てきたりします…(私は困るけど…)

この記事へのトラックバック