おやきを作りました。

おととい、「ナスとひき肉の味噌煮」を沢山作りました。
まずは普通におかずとして食べ(家族みんなが好きなおかずです、名古屋味噌をふんだんに使います、ごはんに乗っけて食べると美味しいのです)、翌日、おやきにしてみることにしました。
おやきを作るのは初めてなんだけど、まあなんとかなるでしょう、と。

クックパッドのレシピを参考に。

薄力粉と強力粉あわせて300g(当初の予定では1割だけを強力粉にしようと思った)
塩小さじ1
サラダ油大さじ1
水200cc



で作ろうとしたんですが、水200ccを2カップと勘違いして、水を入れていたら
「んん~!?おかしい」
マチガイに気がついて(途中で気づいたからまだ良かった…)、
慌てて粉を適当に足したので、実際には粉の分量は上のレシピの通りではありませんでした。ちょっと強力粉の割合が増えたかも。

材料をよく混ぜ、まとめ、まだベチャベチャ手につくな~って程度でラップに包み、冷蔵庫で30分以上寝かせます。
取り出して、打ち粉をしたところに出してみましたが、相変わらずベチャベチャしている。
水が多すぎたかな!?

でも、打ち粉(強力粉)をまぶしながら切っていったので、ベタつきも特に問題にはならず、適当な大きさに丸めたのを、麺棒で丸く伸ばしていきました。
ちゃんと丸くしたものを、つぶして、皮を回しながら、麺棒で広げていくと、きれいに丸くなります。きれいに丸くならないことも多々あったけど、ま、手作りのご愛嬌ってことで。


皮を丸く広げたら、ナスとひき肉の味噌煮を包みます。
包み方がヘタだったかも。今度はもうちっと上手にやれるようにがんばろう。
おやきの具は、汁気のあるものでなければ、なんでもいいようです。
ですから、前の晩のおかずの残りを包んでしまえばいいと思います。
かぼちゃあんや、あんこを包んでも美味しいです。

次回はかぼちゃあんで作ってみようかしら。
でも、甘い具よりも、おかず具のほうが私は好きですけどね。
大根葉を沢山もらったときに、大量に炒り煮を作ったりすることありますよね。
ああいうのを包むと美味しそうですね。

沢山できたのでホットプレートで焼きました。
焼くときサラダ油は引きませんでした。生地に油が含まれてるし、フッ素コートのホットプレートなので。問題ありませんでしたね。
ホットプレートで焼いているところを写真に撮ったのに、間違えて消しちゃったぁ

画像

切ったところ。
結構それらしく、美味しかったと思います。
人にもあげたので、沢山作ったけど一日で全部なくなりました。
意外にも、奈津が


「おいしい!」

「おやき、おいしいね!」


と喜んで食べてくれました(^。^)
よし、また作ってあげよう♪

でもでも、おやきの皮って、今日私が作ったようなのとは違う、もっと分厚くてふっくらしている皮のほうが一般的なような気がします。
長野県あたりのサービスエリアでお目にかかるのは、肉まんみたいな皮のやつじゃなかったっけ!?

クックパッドで調べてみたところ、今回私が作ったような固い皮のものと、ベーキングパウダーなどを使った柔らかくふかふかで厚みのある皮のものもあるようです、やっぱりね。

卵や牛乳まで入れるレシピもあるようで…

次回は、厚めふっくら皮のものを作ってみようと思います。
でも今回作った薄め・固い皮のものは、おかずがわりにもいける感じです。
ふっくら皮になると、かなりボリュームあるので、立派な主食になるでしょうね!

最後に、うちで咲いている朝顔の花♪
画像




↓ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします。
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック