かに鍋

画像

念願のかに鍋!
手前に写ってるのはかにのお造り(^^)
口の上にぶら下げて、がぶ~っと頂きました。これがやりたかったのよ~♪♪♪鍋の〆は、もちろん雑炊です。

何度か検温してるけど、キムの熱はもう上がらないようです。良かった(^_^;)一応まだ薬を飲ませてますが…

まったく、ひどい目にあいました。ロンからキムに移ったのは間違いない。そしてロンは、卒園式で移されたに違いありません(-_-;)

危うく前払いした宿泊代が無駄になるところでした( ̄○ ̄;)寒い時期の旅行は危険だわ~。


でもやっぱり、キムが本調子のときに連れてきたかったなあ(>_<)

この記事へのコメント

see-me-chung
2007年03月28日 22:26
ああーええなあー、カニなべ。どこにでもある「かに●楽」なんかとはえらい違いやね。
自分的には、かになら香住の旅館(名前忘れた)が生涯忘れがたい素晴らしい想ひ出でしたYo! かにすき、焼きガニ、かに雑炊ともうカニづくし、しかも飽きない。帰りには女将に梨を1箱頂いたし。
あそこら近辺の、あの有名な山陰本線餘部鉄橋は解体される前には一度見に行ってみたいぜよ(隠れ鉄道マニアとしては垂涎ものだ)。
2007年03月28日 22:54
かに道○は、高いよね。庶民は行けません。今回の旅行、かに鍋の晩ご飯と朝食つきで、1人9,975円だからね。そのかわり、焼きガニとかはなかった。それをつけるともうちょい高くなるので…(~_~;)ガマンガマン。
かにって、たくさん食べても、もたれないよね。胃。しかしsee-me-chung、鉄道ファンだったの!?なんか趣味が多すぎないか?余部鉄橋といえば、私は「夢千代日記」だ~(古すぎ?)吉永小百合の語りとあの鉄橋がオーバーラップするわ。一度は見てみたかったけど、なんでもビューポイントまでの道が細いらしいのよね~。よう行かんわ~。
see-me-chung
2007年03月30日 23:00
おお!ポシ母、餘部鉄橋ご存知だとは、アナタも相当なもんだね。1泊コースなら是非行ってみてレポート下さいな。小生は多分一生無理だろうな・・・だけど件の民宿は本当にイイヨ!名前忘れたのがイタイけれど。
2007年03月31日 19:45
え?そう?でも、あの橋は昔から知ってる(「夢千代日記」で…くどい?)けど、名前を知ったのはごく最近、ニュースでだけど(^_^;)しかし行けないよ~行ったころにはコンクリートの橋になってんじゃない?遠いんだよ~あのへんは、意外と。でも湯村温泉にも行ってみたいんだよね~。まあ、もう一冬こちらにいたら、行く可能性もなきにしもあらず…?

この記事へのトラックバック