旅館予約成立後日談。

今日はUPしたい写真がいっぱいあるのよね。
でもまず表題の件を。

バリアフリーのお部屋に泊まることになったのは良かったけれど、HPの写真で見る限り、和洋室って感じで、ツインベッドのお部屋と座敷、という構成のよう。これでは多分イスがないな、と思ったので、もしかしてイスを一脚入れてもらえませんか?とリクエストしたかったのと、旅館のパンフを両親のところに送ってもらえませんか?とリクエストしたくて、旅館に直接電話したのでした。JT○を通さずに。たいした用事じゃないからと思って…

そうしたら衝撃の会話が。


「○月△日に予約したポッシブルですけど、バリアフリーのお部屋を取っていただいたと思うんですが、お部屋はベッドがあるんですよね?(←念のために聞いただけのつもり)」

「ちょっとお待ち下さい、今お調べします…




   …   …


あの、ご予約は露天風呂付き客室となっておりまして、バリアフリールームではございませんが」





   ……






「はっ!?あの、ベッドがあって露天風呂のついたお部屋を取っていただいたはずなんですけど…???」


「…ご予約のお部屋は、露天風呂付き客室でして、和室ですから、ベッドはございませんが…バリアフリールームはベッドありますが、露天風呂はついておりませんし、それにその日は既にバリアフリールームは予約が入っておりますが





……




\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?




……



そのときの、私、目の前は真っ暗、頭の中は真っ白でした。

母と別件で電話で話をしたとき、母がうれしそうに、「そのあたりはトロッコ列車もあるらしいし、子どもたちも喜ぶわねぇ」と言っていたというのに…!!
いまさら間違いでした、取れてませんでした、とは言えないぞっ…!

「…(かなり動揺しながら)…そ、そうですか、なんか手違いが、あ、あったようですね。足が悪いので、ベッドじゃないと寝られませんし…じぇ、JT○に確認してみます…」

「はい~申し訳ありません~」


その後すぐ、JT○に電話しましたが、担当のお姉さんは接客中。


しかしここで少し冷静になりました。
「イヤ待てよ。もともと無理を言って取ってもらったんだから、旅館側になにか考えがあるのかも。JT○から聞いてもらえばなにか違うかも…」(と、考えつつもドキドキ)


しばらくしてJT○のお姉さんから電話があり。
事情を話すと「おかしいですねぇ~」という感じが電話の向こうから伝わってきました。
電話して確認してくださることになりました。


すると、結果はこうでした。

・「バリアフリールーム」(露天風呂なし)は、確かにその日程は、既に予約が入っていること
・私のために取ったのは、そのバリアフリールームではなく、露天風呂付き客室(和室)であること
・その客室に簡易ベッドを持ち込んで対応する予定であること
・その客室は、一応バリアフリー仕様(床面フラット)であること



おおっ…!!そういうことでしたか!(*^。^*)

私のほっとした気持ちをお察し下さい。なーんだ、そういうことだったの…でも、簡易ベッドを持ち込むなんて聞いてなかったからなぁ。ひょっとして、「話が違うじゃないか!」ってJT○のお姉さんがネジこんで、そういう形になったんだったりして(@_@;)イヤ違うかな。最初から、露天風呂付きの部屋だとは言っていたし。

いやはや…焦ったけど、ヨカッタァァァ。


しかし、本来和室の客室に、ベッドを持ち込んでまで泊めてくれるなんて、良心的じゃないですか!ありがとさーん。旅館様。

ほっとしたところで、パンフ送付の件(これはJT○が送ってくれることになった)と、イスの件を依頼。イスは結局、普通のイスというものがなくって、旅館の窓際によく置いてある低い椅子を一脚置いてくれることになった。あれって座りにくいだろうから、自分で折りたたみイスを持ち込もうと思ってます(もちろん、下にはなんか敷きます、と伝えました。タタミ痛めちゃ申し訳ないしね)

他に、露天風呂に洗い場があるのか確認したところ、「ある」そうです。しかも、その部屋は露天風呂だけでなく、内風呂付きだそうで…内風呂のついてない露天風呂付き客室もあるけれど、うちの両親が泊まる部屋はついているんだそうだ…仮に露天風呂のほうに洗い場がなかったとしても問題なかったわ(^。^)

ほっ。なーんかビックリしちゃったけど、良かった~。まあ、なんとかなりそうね~(^_^;)


今日は、ほとんど一日じゅう家にいたのだけど、その割には、このような「事件」があったりとか、色々と中身の濃いぃ一日でした。

からっとした陽気(に思えた)ので、着物をあれこれ引っ張り出して、謝恩会に着る着物を探しました。謝恩会って幼稚園の卒園式のあとにあるやつです。私立らしいわね~そういうの。

謝恩会には、この名古屋帯をしたいと思っていました。
手描きの帯です。↓
画像


なかなか素敵でしょ?
以前和ダンスで見つけて、これと紫の色無地を合わせたらどうかな~と思っていたのです。
(↑自分がなんの着物を持っているかわかっていない。)



が。

母に電話して聞いたら、その組み合わせはNGだと言われました。
あの色無地はもっと格が上です、と。そんなカジュアルな帯と組み合わせるもんじゃありません、と。

マジですか。色無地だからなんでもいいかと思っていたわ。

そこでよくよく見てみると、なるほど…

色無地ですが、紋が入っています。
これは、卒園式とか入園式に着る略礼装用ってわけですな。(←ネットからの知識)
あかんな。卒園式は、面倒なので黒のフォーマルで行くつもりなので。

私、着物のことはさっぱりわからないんです。
いつも、着るときにだけ、慌てて着付けに持って行くものとか、にわか勉強するだけで、すぐ忘れてしまうし。


んで、この帯には、なにを合わせるべきなのかと母に聞いたら、その帯は「ろうけつ染め」の着物を合わせるんだ、と。

ろうけつ染め!?


すみません、ろうけつ染めって、風呂敷しか思い浮かばないんですが…


でも、母が「絶対あるはず」と言うから、必死で探したところ…

あったあった。ありました。
これってろうけつ染めなんだぁ~言われなければわからなかった…

かなり渋い色柄。そして総柄。
でも、これにこの白い帯を合わせるのかぁ…お洒落かも。粋かも。


うふふ。ちょっと楽しくなってきました。
でも、着物って、着慣れていないから、どうも動きが不恰好になってしまうし、疲れるのよね。後片付けが面倒だし…

でも母がせっかく持たせてくれたのだから、使わないとねっ。
初めて使うわ~この組み合わせ。これまでは、訪問着しか着てなかったから…楽しみです。


さて、雛人形もようやく飾りました。
画像


ごめんね、ちっとも出さなくて…(^_^;)


そして夜にはブラウニーを焼きました。
去年、栗原はるみレシピを自分で改良したレシピで、今年も焼きました。
画像



焼きあがったのを食べたら、結構ビター。
なんで???

今年はくるみもちゃんと入れたんだけど。
あっ、でもココアが135gいるのに、100gしかなくって、それだけしか入れなかったし、削ったチョコレートは150g入れるはずなのに、70gしかなくって、それだけしか入れませんでした。どうも私のお菓子作りは、いつもアバウトなんで…

ビターなのは、そのせいか…??

まっでも、子どもたちは喜んでパクついてくれたので、良しとしましょ。
明日、これを持って行って、人に食べさせる予定です~♪


と、まあ、今日はこんな日でした。

<本日の教訓>
JT○を通して取った予約なら、問い合わせもJT○を通すべし。
個人で動くと、話をややこしくするだけ。



↓ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします
画像







この記事へのコメント

きょろ
2007年02月28日 09:38
着物ネタは反応するよ(笑)ステキな帯じゃない。いいなぁ。流石ポシ母の母ですねぇ。手書きっていいわよ。こういう帯は何にでも合うから便利なのよん。色無地は一つ紋の染め抜き?ママがいうように紋付きの色無地に染めの帯じゃ確かにちょっと格があわないわよね。袋帯もしくは織りの名古屋帯くらいかなぁ。しかもゴージャスな感じのやつ。いまは着物については全然知らない人が多いから色めだけあってればOKという話もある(苦笑)最近はかなりどうでもよくなっていると思うよ。ルールを守るとダサくなるからね。着物の本にも最近のにはあまり堅いことは書いてないです。時代が変わったということでしょう。着物着たら画像UPしてね♪
ちず。
2007年02月28日 16:22
ああ、もうドキっとしたわ。
着物かぁ、すてきな話題だね。私、保管に自信がないから、母が作ってくれたものは実家に置きっぱなし。^ー^; 流行作家になったら着ることにしようっと(爆)。
2007年02月28日 23:07
>きょろちゃん
いいよね、この帯~。素人の私から見ても、いいなって思うの。きょろちゃんはさすが、詳しいわね。うらやましいわ。私も勉強したいんだけど…もちょっと子どもが大きくなったら勉強しようかな。
>ちずさん
私もね、保管には自信ないんですけど、和ダンスが高級品なので、めったなことは起きないみたい(^_^;)た、多分…でもわかんないけど…
流行作家になったときには、サインしてね!
Anini
2007年03月03日 11:13
おおっ、渋くていい感じの帯ね。
うちの子の時もホテルで謝恩会があったけど、和服の人も結構多かったわよ。
私は七五三以来、着てないなぁ。

この記事へのトラックバック