こりゃええよ、ビジネスホテル。「ハミルトン・ホテル」(名古屋・伏見)

名古屋に行く日は、途中で京都に立ち寄るために家を8時45分に出ました。
昼前に、京都の両親の家へ到着。昼を食べて用事をすませ、母と雑談し、3時すぎに撤収。
名古屋へは17時ちょっと前に着き、ついでに帰りの切符を買っておきました。
最近は全部、機械でクレジット決済でできるから、便利ですよね。

今回は、大学のときの唯一の女子の同期と(ははは、女子って年じゃないっつーの)、同じホテルに泊まろうね♪と打ち合わせていたので、名駅高島屋前の大時計下で待ち合わせていました。ここは新たな待ち合わせスポットなのねぇ~。昔は名駅で待ち合わせと言えば、駅西の「壁画前」か、あるいは中央コンコースの大時計下だったんだけど…(←年がわかるねぇ…)

まずはホテルへチェックイン。この日の宿は、伏見の「ハミルトン・ホテル」なんか大丈夫かしらん、この名前?って感じ(ラブホと区別つけにくい感じ…失礼!)なんだけど、楽天の評価で★4.5だったから、ここに決めたんです。そうしたら、楽天の評価は正しかった!

場所は、広小路通りから一本南に入っているので、まあはっきりいって、場所柄としては良くもない(かといってそれほど悪いというわけでもない)ところなんだけど、でも、このあたり、いつのまにか(ていうか、私、名古屋を離れてもう11年たつんで、「いつのまにか」どころか、ひとむかし前しか知らないんだけど…)、ちょっとお洒落っぽいカフェやレストランがちょこちょことできているので驚き!全然関係ないけど、「世界の山ちゃん」もできていた(←全然おしゃれな店じゃないじゃん、手羽先の店だよ)。へえ~と感心しながら捜し歩くと、でかいパチンコ屋の向こうに、赤い張り出し屋根が…。パチンコ屋の近所というのはイメージ悪いけど、ホテルの前まで行くと、きれいなエントランス。入ってすぐのロビーには、真っ赤なデザイン性の高い椅子が置いてあって、とってもおしゃれ。フロントの方の対応も丁寧で、シティホテルっぽい。でもやっぱりビジネスホテルだからか、前払い制でしたが…

カードキーを受け取って5階のお部屋へ行ってみると、ビジネスホテルだから無論、こじんまりはしているけど、なかなかおしゃれな室内♪またまた真っ赤な椅子が2脚と、白いテーブル。なんと置いてあるのは液晶テレビ、アクオス!きれいに整えられたベッドは、上に載せられた小さいラグみたいなのと、枕横のクッションがおそろいの柄で揃えられていて、素敵。ベッドの幅も広い!

画像


LANの差込口があったので、パソコンも使えるようです。使うとしたら、ランケーブルは持っていったほうが良いのかな…?

特筆すべきは、お風呂!シティホテルと同等の広さ!ビジネスでこんなお風呂に出会えるとは、びっくりぎょーてん。余裕で寝そべることができます。洗面台は黒いトップで、豪華な感じ。お風呂の湯気で曇っても、顔の前の鏡にはヒーターが入っていて、そこだけは曇らないの。ビジネスのお風呂って、ユニットバスって相場が決まってるから、これは本当に意外な驚きでした。備え付けのドライヤーは小さいのに強力だったし、室内には他に、ズボンプレッサーもあるし、室内用の使い捨てのスリッパもありました。一応、お茶セット(ティーバックや湯のみ・コップ・湯沸かし器)も置いてありました。空っぽの冷蔵庫に、たまたまもらったワインを冷やして、お食事へ出かけることにしたのです。

ホテルから、ふらふらっとあてどなく歩き出してすぐに見つけた、小さくてカジュアルなイタリアン・レストランへ入りました。名前がわからないんだけど…これがとってもいいお店でした!

しゃきしゃきの、丁寧に調理されたお野菜が美味しい。見た目も美しいお料理が次から次へと出てきて、量も女性には丁度いいくらい。手作りのファルファッレが美味~!!赤ワイン2杯を飲みながら(値段のわりになかなかのお味)、デザートのドルチェまで、美味しく平らげたのでした。シェフのおすすめコース3880円、だったかな?席数は少ないけど、雰囲気良く、落ち着ける店内。場所柄、スーツ姿の男性数人のお客さんもいました。料理を作っている人たちは男前(^。^)だし、フロア係の人たちも、食べる速度にすごく気を使ってサービスしてくれて、ほんといい感じでした。

ほろ酔いでご機嫌になり、つまみを購入してホテルの部屋へ戻りました。お風呂に入って、ホテル備え付けのパジャマを着て(これがオフホワイトの上着だけが長くなったようなパジャマで、かわいいの!)赤い椅子に座っておもむろにワインを開けて(ワインオープナーはフロントで貸してもらいました)、二次会開始。久しぶりに会っても、昨日まで会ってたかのように話が盛り上がるのが、若いときの友人のいいところです。これが年食ってからの友人だと、環境が変わると話も合わなくなるのよ、簡単に。どうしてだろ??

ちょうど吉岡秀隆が弁護士やってるドラマがやってたもんだから、それを見ながら、くだらないおしゃべりを延々して、12時過ぎには寝たのでした。疲れてたからすぐ寝ちゃった。でも、ベッドは適度なスプリングで寝心地も良く、壁が薄いのかと思いきや、他の部屋の物音も聞こえず、とても静かに寝ることができました。

翌日は7時半前くらいに起床。小さいけどこぎれいな喫茶室(窓はほとんどないから閉鎖的な感はあるけどね)で、ちゃんとお給仕してもらって、オムレツ・サラダ・ソーセージ・ヨーグルト・オレンジジュース・コーヒー・トースト(バターやジャム付き)の朝ごはんを頂いて、11時にゆっくりチェックアウトしたのでした。

これで一人、5,900円!!コストパフォーマンス高し!!!ちなみに、ツインの禁煙ルームでした。「出張で名古屋に行く」方、「遊びにお金を使いたいから宿泊代を節約したいけど、できれば交通至便でこぎれいなところに泊まりたい」方…オススメです。


それにしても、帰りの時間を気にせずに、夜出歩くって…


格別な気分、ですねぇ~!!!ほんと、サイコー!久々の名古屋の夜は、いいなぁ~!






でも、サッカーの合宿に行っている息子のことが、ちょっぴり心配な母でしたが…





↓ブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援クリックお願いします。…全然福祉と関係ないけど…
画像

この記事へのコメント

まっくんママ
2006年09月14日 23:14
駅西の「壁画前」~!!出たーー(^o^)
私もダーリン(爆)との待ち合わせに使ったものでした。

夕食のイタリアンレストラン、そしてホテルと大当たりな名古屋、よかったですね♪
ハミルトンホテル、この値段でそのサービス。
私も行ってみたいけど、名古屋に行ったときは
宿泊代0円のダンナの実家に泊まるので~。
キレイなビジホにも泊まってみたい…。
2006年09月17日 00:13
あらっ、「壁画前」を知っているとは…トシがわかりますよ、トシが…
私もいつもなら、ダンナの実家泊まりなんですけど、今回は一人旅でしたからね!
時間を気にせず出歩いてみたかったのよ~♪
Akiya
2006年09月28日 00:15
お久しぶりです☆(o・・o)/
お元気ですか?
実は最近、とある学会で演題発表をさせてもらったので、ちょっと忙しくなかなか見にこれませんでしたo(≧ヘ≦o)
で、その学会が名古屋であったので、私も先週、名古屋に2泊しました♪
行くまえにこのブログを見れてたらなぁ~と今、後悔(;_ _)ノ
私は太閤通の代ゼミ付近のビジネスホテルに宿泊したんですが。。。すんごい狭くて圧迫感大!だったのです(≧へ≦)
次、行く時はポシママさんオススメのとこにします♪゚+。v(。・ω・。)v゚+。
2006年09月28日 06:41
Akiyaさん、いらっしゃいませ~♪お久しぶりです☆元気ですよ~おかげさまで。
とある学会…いや~ん、興味ある♪(←バカ)
代ゼミ付近のホテル…実は私の候補にも、そのあたりのホテル、あったのですが、やはり駅裏はやめました(^_^;)駅西は名古屋人にとっては「裏」の位置づけなので、環境もあまり良くないし、オススメできないかな~。伏見は最近はブランドの路面店なんかもできていて、悪くない感じです。次回はぜひどうぞ~☆
Akiya
2006年09月30日 23:57
こんばんは☆
とある学会とは「神経心理学会」です(;´▽`)
ちょっと上司に言われて出たって感じです(;_ _)ノ

私が泊まったエリアは裏なんですね~
知らなかった(≧へ≦)
ポシママさんが名古屋出身の方だと知っていれば。。。・゜・(ノД`;)・゜・

あ、そうそう学会といえば、今年の12月に京都である、ATACというのに行きますよ♪
これは発表とかではなく、本当に参加者というか傍聴者なんですが、AACといって拡大・代替コミュニケーションとか、コミュニケーション支援技術といわれるものなんですが、そのAACに関わる人全ての集まり(カンファレンス)で、学会ってほど堅苦しい感じではないみたいです♪
私も始めて参加するんですが(・ω・;A)

詳しくはATACのHPを見てみてください☆
http://www.e-at.org/atac/


2006年10月01日 10:01
Akiyaさん、「神経心理学会」のことはよくわかりませんが(~_~;)、ATACというのは、興味ありますね~!近くに住んでたら、行きたかった!一般人も参加OKみたいですもんね。
代替コミュニケーションて興味あるんです。
コミュニケーション・エイドとか言われるようなものも含むんですよね?
障害のある人が、「できないところをちょっとでもできるように」という努力も、勿論必要なことではあるんですが、乳幼児期にがんばってある程度伸びた能力も、ある時期から、頭打ちになる感は否めません。そうなったら、「がんばっても得られない能力の追求」のために時間・精神・体力を消耗するようりも、持っている能力で、より充実した生活を送ることを追求したほうがいいような気がします。
そうしたときに代替コミュニケーション技術というものは大きな役割を果たすでしょうね!どんな技術があるのか、すっごく見てみたいです♪またお話聞かせてください☆
Akiya
2006年10月04日 21:28
遅いレスでごめんなさい!(≧へ≦)
代替コミュニケーションは、もちろんコミュニケーション・エイドも含みますよ♪
本来は、できなくなってから代替コミュニケーションを導入するのではなく、できることがあるうちから、何通りかのコミュニケーション手段を確保しておくのが理想だと思います。
確かに自分の力を使うのも大切だと思いますが、
それにこだわる必要もないと私は思います♪
ATACでは、快適な生活に結びつくようなリハができるような、知識を習得してきます!
また、行ったら報告しますね♪(o・・o)/
2006年10月06日 23:44
「できることがあるうちから、何通りかのコミュニケーション手段を確保しておくのが理想だと思います。」←ほんとですよね~!いろんな手段持ってたほうが、いろんな場面で役に立ちそう。外国でだって生きていけるかも。うちも、一応言葉を話すものの、もっと雄弁に語れるように(?)代替コミュニケーション、取り入れたいんですよ、本当に。だって、そのほうが本人のストレスもたまりにくい気がする。やっぱり、本人の能力だけじゃ、言い足りないこと、いっぱいあるでしょうから。高機能の人でも、うまく話せないもどかしさがあるみたいですから、この分野は、今後ますます注目されるでしょうね♪ATACに参加してのご報告、楽しみにしてます~☆

この記事へのトラックバック