「ナルニア国物語」見てきました。(ネタ?バレ注意!)

今日は「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を見てきました。
花粉症の薬を飲んでいるせいでしょうか、途中眠くてたまりませんでした…^_^;

私はファンタジーは小説も映画も好きなんで、いろいろ読んだり見たりしてますが、なぜかナルニア国物語だけは読んだことがありませんでした。近年まで存在すら知りませんでした。お恥ずかしい。だから、原作を読むことなく、先入観なしに映画を見たのですが…

原作の素晴らしさを知らないので、「映画だけ」で批評すると、ちょっとこの映画を作るのは遅すぎた…という感じです。ナルニアも、ハリポタも、指輪物語も全部イギリスのファンタジーなので、出てくるキャラがどうしてもかぶってしまいます。つまり、どれもイギリスの伝承民話をモチーフにしているので、ケンタウルスとかゴブリンとか、他でも見たようなキャラクターがいっぱい出てきてしまうんですわ。

それらが入り混じって大戦争を繰り広げるシーンなんか、指輪物語の「二つの塔」を見ているようで…。イメージかぶるかぶるっ(^_^;)指輪物語三部作が公開され終わった後に、この映画を持ってくるのは、ちょっとつらいものがありました。ナルニア国のほうが、子供向けの内容なんだろうなと思うんですが、そのせいで世界観がうすっぺらいような…指輪物語のあの圧倒される壮大な世界観と比べるとどうしても…原作はそうじゃないんだろうけどね。映画だけで判断すると、ですよ。

原作は指輪物語と並んで、世界三大ファンタジーのひとつと数えられているんだから、そんなに薄っぺらいことはないに違いないんですが…それを映画が表現しきれてないんだろうな。ちなみに指輪物語は、原作を全部読んでから映画を見たので、頭の中でフォローしてしまう部分も多かったんですよ。

大体、ナルニアは物語の動機付けが弱い。指輪物語は、世界平和のために指輪を捨てに行く物語だし、ハリポタはやはり世界平和のために悪の帝王と戦う話で(まあハリポタを引き合いに出すこと自体どうかなって気もするけど…レベル違うし!)、どちらも、自分の住む世界に直接影響があるので、イヤでも戦わざるを得ないという理由がはっきりしているんだけど、ナルニアの場合は、衣装ダンスに戻ればすぐに平和な自分の世界に戻れるのに、どーしてそこまで自分の命を危険にさらして戦うわけ?って思ってしまう…。

ディズニー映画だから、おこちゃまと楽しく見られる映画と思いきや、結構戦闘シーンがグロくて、小さい子と見るのはどーかなって思いました。

でも、出だしは良かったんですけどね。小さいルーシーが衣装ダンスの奥に隠れる。高級毛皮がいっぱいかかった衣装ダンスの奥へもぐりこむと、そこは突然、雪国。雪が降り積もる中、ガス灯が立っていて、その下にいくと、なにかの足音が。目の前に飛び出したのは半人半獣の牧神パン(映画ではフォーンと言っている)。とっても幻想的なこのシーンで、つかみはバッチリ!って感じだったんですが…

どうも全体を通して、強くひきこまれることのない映画でした。美形キャラがいないせいだけではないと思うが…(^_^;)(ちなみに指輪物語ではオーランド・ブルームくんがいたので、美形キャラはバッチリでしたね)

ファンタジー映画は、現実逃避できて大好きなんですが、もうちょっとがんばって欲しいような感じの映画でした。それにしても、日中も夜もずーっと眠たいので、やはり映画のせいじゃなく、花粉症の薬のせいなんだと思います、この眠気。
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)

この記事へのコメント

たんぽぽ
2006年03月17日 06:20
 ナルニア国物語(数え切れないくらいの)大昔に夢中で読みました。映画になったので観たいと思っていたのですが、、、DVDになるの待ちます。
2006年03月17日 23:28
たんぽぽさん、期待を打ち砕いて、ごめんね。
でも、「ロード・オブ・ザ・リング」を見てなければ、楽しめるかも。「ロード~」全作を見た人間には、どうしてもね~。中途半端に見えてね~。どうせなら、もっと子供向け映画に徹すればよかったのに、中途半端にオトナも狙ってるからなぁ。
きょろ
2006年03月22日 16:47
ナルニアって微妙に評判悪いですよね。児童書として子供が読むなら充分楽しめるんだろうけど、映画にして大人が鑑賞するとオイオイそれはないだろうと思っちゃうんですよね(^^ゞそれでも大作と聞くと見てしまうんですよね(笑)
2006年03月22日 23:15
そうなのよね。これを本で読んだら、ワクワクして楽しいだろうし、「なんで戦うの」とか疑問に思わないだろうなぁってのもよくわかる。昔、「メリー・ポピンズ」を読んで、あの独特な世界に、「どうして」なんて疑問、持たなかったもん。でも、映画にするとさ、中途半端なリアリティが、その幻想世界を邪魔すると思うのよね。難しいわ…映画って。

この記事へのトラックバック